plus

ソーシャルアプリ活動報告

富士の見える山巡り 三つ峠山 2017年3月12日
2017.03.13




晴れて暖かい三つ峠駅で、私たちは出会いました。
今日のゲストは、イギリスからお越しのIさんです。とってもフレンドリーで、日本語も達者な方です。

三つ峠駅から歩くと、プラス1時間なので、ガイドの車で、登山口までワープ!!
達磨石という所から登山開始です。
歩き始めて20分もしないうちに汗が吹き出るあつさになりました。

Iさんの故郷は、丘陵地帯で、よくその丘を歩いてはいたそうです。でも日本の山は高尾山を除いて、今回が初めてです!
若さゆえの体力があるので、軽い足取りで、普通より少し早いペースで歩き出しました。

Iさんは今回買いたての一眼レフカメラを持って来ていました。どんな写真が撮れるのでしょう⁈



この時期は葉っぱがすべて落ちているので、夏には見ることのできない景色を存分に楽しむことができます♬
Iさんは日本語もできますが、今日は英語で全て通しました。頑張りました、自分!笑


冬富士もくっきりと見えていて、Iさんは’’amazing!!''を繰り返していました。
三つ峠山は暖かいけれど、向かいの富士山はマイナス15℃ですからね~。寒い寒い!!

山道はゆるゆる歩きから、やがて急坂にはいりました。汗がどっさりと出てきます。
途中で水分補給とエナジー補給をしながら、また英語レッスンを受けながら(笑)登って行きました。



休憩場所からは必ず富士山が見える、最高の山です!!
この日は日曜のうららかな日にも関わらず、登山者はほとんどいませんでした。貸し切り状態です。



八十八の仏像がならぶポイントです。それぞれお顔が違うそうです。
この辺りまでくると、山道の傾斜は緩くなり、ほっと一息。
次に私たちを待っているのは、頂上直下に100mの高さでそびえる大岩壁、屏風岩です。



Iさんは圧巻の大岩壁にamazingと言っていました!♪

この辺りに来ると、道にも雪や氷が残っていて、所々滑りやすくなっています。
この岩壁を左から迂回して、頂上に到着です!

三つ峠山頂上からは、富士山はもちろん、日本で2番目に高い、北岳を始めとする南アルプスがくっきりと見えていました。


途中、岩壁の溝には、氷の柱ができていました。Amazing!! (笑)


今回はいませんでしたが、ここはロッククライミングのメッカなんです。4月5月あたりの土日はロープを使って岩を登っているクライマーを見ることができます。

下りは富士山へのトレーニングと称して、少し早歩きで下山しました。

夏にはIさんは富士山に登りたいとの事です。

本日は貴重なお休みに、私共のガイドイベントにご参加頂き、誠にありがとうございました!
3月4月もたくさんの素敵な山旅を企画しています!

そして夏には富士登山の企画も実施する予定です!みなさま一度山に遊びに来てください♬

素敵な一日をお約束しますよ!!

本格的な山登り・ロッククライミングをしてみたい方はコチラ↓
ニードルズ・ガイドサービス

山岳ガイド 山田祐士

 

 
投稿日 :
2017.03.13
投稿者 :
ユージ

著者プロフィール

日本アルパインガイド協会認定アスピラントガイド
北海道の山から北アルプスの難ルートまでをガイドしています。
高校1年生で登山を始め、大学1年生でロッククライミングを始めました。
登山歴は数えてみれば、早24年。死に目にあったこともありますが、
それでも山が楽しくて、生涯山を止めることはないでしょう。
お客様には、ガイド登山でしか知ることのできない、スキルや知識を伝授しています。
より満足して頂くために、変化のある、面白い山を、日々探している今日この頃です。

Page Top