0

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • instgram
  • youtube

レジデントブログ

ハウス近くに串屋横丁がオープン
2019.07.15

約半年ぶりの記事です。

無類の酒好きの青木は飲み代がかかりすぎることに反省して、最近はしょっちゅうハウス内の共用スペースで飲んでます。気がつくと誰か来て自然とワイワイし始めるのが楽しいです。すっかりハマってます。

しかし7月5日にある居酒屋がオープンしました。

串屋横丁 もつ焼きセンター西葛西店オープン

串屋横丁西葛西駅北口店です。ハウスへの帰宅ルートです。ハウスのメンバーでこのお店が大好きな人がいて、その人に誘われて行きました。安くてうまかったので2周間ですでに2回行きました。

 

青木はけっこうな量の酒を呑むのですが、ハイボール、各種酎ハイが6杯分ピッチャーに入っていて12,00円の商品があります。それをガバガバ飲んでたので、結局お会計は1人あたり3,000円くらいで済みました。(たぶん一人で8杯くらい飲んでます。)

 

シェアハウス内でいろいろなメンバーと飲むのも楽しいですが、たまにはこうやってハウスのメンバーと外で飲むのも楽しいですね。

 

駅周辺には他にもたくさんの庶民的が揃ってます。ハウスは駅から徒歩6分なのでとても便利です。ここに住み始めて2年経過しましたが、なかなか離れられません。
投稿日 :
2019.07.15
投稿者 :
青木勲@SRたまプラーザ

著者プロフィール

1983年生まれ。茨城県出身。2017年6月からソーシャルレジデンス西葛西に住んでいましたが、2021年9月末からソーシャルレジデンスたまプラーザに引っ越しました。

趣味はサッカー、酒、読書、筋トレ、英語勉強です。

IT系企業で働いています。プロフィールの写真はオークハウスのインタビューを受けた際に撮影していただいたものです。仕事の形態としてリモートワーク可能なので頻繁にシェアハウス内のワーキングスペースで仕事をしています。ワーキングスペースがあるのはリモートワーカーにとってかなりメリットがあります。

以下、2021年9月まで住んでいたソーシャルレジデンス西葛西で取材を受けた記事です。

【オークハウスに取材していただいた記事】
リモートワーカーにとっては適度なコミュニケーションも取れるし、理想的な環境だと思います。
https://www.oakhouse.jp/interview_resident/oakinterview2

【R25で取材していただいた記事】
人間関係めんどくさくない?「ソーシャルレジデンス」のリア充(?)な住人にツッコんできた
https://r25.jp/article/613614142197501422

【朝日新聞で取材していただいた記事】(一部有料)
交流がない…シェアハウス生活、気まずい空気乗り越えて
https://www.asahi.com/articles/ASLDM46VPLDMUTFL00D.htm