0

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • instgram
  • youtube

レジデントブログ

植物性の食選び
2020.11.12


こんにちは、きのしたまいです。
健康の秋、食欲の秋ですね。
秋といえば柿、きのこ、さつまいも、かぼちゃ。


なんて、わたしは秋の食べ物が好きなので、11月もなかばですがまだ気分は秋です。
スーパーで柿やさつまいもの値段が次第に上がってきて、寂しい気持ちになっています。


実は先日、ハウスメンバーと一緒に料理をして夕食を食べました。
そのときになんと、初めて大豆ミートの唐揚げデビューをしたのです。


大豆ミートは彼のお母さんから仕送りで送られてきたことがあり、一度だけ食べたことはありました。
しかし、そのときはミンチタイプだった上に、ナスのそぼろ煮に使ったことで大豆ミートがメインとは言い難かったのです。


唐揚げとなれば大豆ミートがメインでしょう。
味や食感がどんなものなのか、よりわかりやすいはず。
ヴィーガンに関心のあるわたしは、目の前の大豆ミートに興味津々です。


作る工程からやりましたが、乾燥した大豆ミートを水で戻して唐揚げにする調理方法は非常に簡単でした。
水から戻したときには豆のにおいがして、大豆ミート感を感じました。


「大豆ミートって調理しても豆臭いなんて話を聞くよなあ」
その噂を検証できるいい機会です。


味付けをして油で揚げ焼きするだけのシンプルさ。
揚がった大豆ミートの見た目は唐揚げっぽい。


ほかにもたくさん料理を作ったので、テーブルに料理を並べてみるとなかなか様になっています。
料理はほぼすべて植物性の材料で作ったものです。


さっそく、大豆ミートの唐揚げを食べてみると、
「え…?思いのほかちゃんと肉だ…!豆の感じがしない!」
「これ居酒屋とかで何も言わずに出されたら気づかないレベル」


大豆ミートの唐揚げはしっかり唐揚げになっており、違和感なく美味しくもぐもぐいただきました。
罪悪感なく食べられるので、「菜食にこだわりがあるけど唐揚げが食べたい」という人にはぴったりだなと思います。


わたしは個人的にそもそも肉を好き好んでは食べないので、今後も大豆ミートを利用する機会は少ないと思います。
今回はいい経験になりました。


これも、食生活にこだわりを持つハウスメンバーと料理や食事をともにできたから。
ありがたいです。


 


 


投稿日 :
2020.11.12
投稿者 :
きのしたまい

著者プロフィール

Tinderで150人と出会って会社を辞め、フリーランスになりました。普段はライターをしていて、物事を知ったり考えたり想像したり表現することが好きです。一人暮らし歴5年、シェアハウス歴3年。シェアハウスは現在で4軒目(全て都内)。