0

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • instgram
  • youtube

レジデントブログ

近所にある家系ラーメン「魂心家」
2021.11.28


前回も書きましたが、たまプラーザ駅周辺は独身男性にとっては縁の無い店(おしゃれなパン、パンケーキ、カフェ)が多すぎる問題があるのですが、かろうじていくつか普段使いできそうな店があるようです。今回見つけたのはソーシャルレジデンスたまプラーザから徒歩3分ほどのところにある横浜家系ラーメンの「魂心家」です。横浜家系というだけあってやはり神奈川県を中心に店舗を展開しているようです。初めて見ました。



田園都市線沿いが多いようです。


お店はこちら



いつも食べてるのは、恐らくイチオシの「魂心らーめん」820円



普通の「らーめん」は700円ですが、それに対して「魂心らーめん」はチャーシューと玉子が追加されています。筋トレしてる人間としてラーメンを食べるのはあり得ないのですが、たまに無性に食べたくなるのでそういうときはこれを食べます。「肉と玉子でタンパク質を摂取しているんだ」と言い聞かせます。。。


家系ラーメンはどこでもそうなのでしょうか?麺の固さ、味の濃さ、脂の量を選べます。味は醤油・塩・味噌から選べます(もう1種類くらいあったかも)


寒い時期のラーメンは沁みます。思わず完食。



(ラーメン一杯のスープを飲んでしまうと6gの塩分を摂取してしまうことになり、1日に摂取してよい量に達してしまうので本当は推奨しません。でもたまには。。。)


スープを飲み干すとこんな券をもらえます。



「まくり証明書」です。魂心家ではスープを飲み干すことを「まくる」と呼ぶらしいです。1か月後まで有効。



トッピングがいろいろ無料で可能になります。


いやー、筋トレしてる人間としては月に1回くらいのご褒美として、たまに行くつもりでしたが、1か月以内に有効となるサービスをもらってしまいました。あざといサービスですね。もっと来いということですね。迷います。


 


ちなみに毎月22日はラーメンが500円になります。(本来は700円)


その時の行列はものすごいです。ピーク時間を避けて500円ラーメンを楽しみましょう。


まだまだシェアハウス近辺の飲食店巡りは続きます。


投稿日 :
2021.11.28
投稿者 :
青木勲@SRたまプラーザ

著者プロフィール

1983年生まれ。茨城県出身。2017年6月からソーシャルレジデンス西葛西に住んでいましたが、2021年9月末からソーシャルレジデンスたまプラーザに引っ越しました。

趣味はサッカー、酒、読書、筋トレ、英語勉強です。

IT系企業で働いています。プロフィールの写真はオークハウスのインタビューを受けた際に撮影していただいたものです。仕事の形態としてリモートワーク可能なので頻繁にシェアハウス内のワーキングスペースで仕事をしています。ワーキングスペースがあるのはリモートワーカーにとってかなりメリット大きいです。

以下、2021年9月まで住んでいたソーシャルレジデンス西葛西に住んでいたころに取材を受けた記事です。

【過去にオークハウスに取材された記事】
リモートワーカーにとっては適度なコミュニケーションも取れるし、理想的な環境だと思います。
https://www.oakhouse.jp/interview_resident/oakinterview2

【R25で取材された記事】
人間関係めんどくさくない?「ソーシャルレジデンス」のリア充(?)な住人にツッコんできた
https://r25.jp/article/613614142197501422

【朝日新聞で取材された記事】
交流がない…シェアハウス生活、気まずい空気乗り越えて
https://www.asahi.com/articles/ASLDM46VPLDMUTFL00D.htm