plus

東京ノマド

石垣・竹富に行ったよ③桟橋で、焼けない空とワインと花火
2017.06.19


石垣へ渡った翌日には一旦竹富に行ってみたのでした。

(この続き)

その日は満月だったのですよ。

ぜひ、海への日の入りと、海からの月の出の両方を、拝んでみたいと思ってねぇ。

竹富は小さいから、東西の移動も早いもんね。





さぁ、そうと決まったら、準備しましょ、

あの島には、なんにもないって聞いてるから、

欲しいものはなるべく揃えていくつもり。




まずは、ワインをペットボトルに移し替えないとね♪

夜の海で飲みたいじゃない、絶対的に飲みたいよ飲ませろー。




IMG_9913




ふふふ完璧。ワインをペットボトルフォルダーに入れて斜めがけって、

だいぶご機嫌ですよ、いつでもどうぞ方式海万歳。




あとは、イオン(食料とかね)や100円ショップ(花火とライター)によって揃えます。

町に行けば、町に行けばね! そういう便利な施設はまぁ揃ってましたよ、

ビレッジバンガードだってありました。

ただ、石垣の友達が、「町は地方都市って感じかなー」

と聞かせてくれて、想像してたのよりはずっと田舎でした。w

温泉のかわりにイオンのある、草津の温泉街みたいな感じじゃない?

あ、そうそう、最近行った屋久島よりはずっと町っぽいな。




イオンでゲットした、前から出会ってみたかったあの子はこの子。




ジューシィ表500


ジューシィ裏




割ってみるとこんな感じ。




IMG_9897


IMG_9896





ジューシーという、豚出汁のこってり炊き込みご飯を、かまぼこで包んでるの。

かまぼこ包みって初めて聞きました。

どんなふうに巻きつける? だいぶワクワクしてたけど、かまぼこに切れ目がない。

てことは、ジューシーのおむすびに練り物の素を擦り付けて、

それからご飯ごとふかしてるのかな??

ともあれ、おいしかったー、プリプリむっちりな食感が、ハマるハマる、

テビチの煮汁的な味わいが、ススムすすむ。

 

そんな訳で、離島ターミナルから……




船着場500


フェリー500





フェリーに乗り込むとわずか30分、竹富島に到着。




竹富ついた500




あぁ、うわさの山羊汁になるんでしょうか?

道端に繋がれてた山羊をめでつつ、




やぎ500




10分くらい歩くと、うわさの竹富風情の住宅地ちゃーく。




竹富島




噂通り、あちこちシーサーがいて感激。




P4125921


シーサー500




さあさ、荷物を置いたら、ワインとコップと花火を用意して

手にはオリオン持って、




IMG_9894





「西桟橋」まで歩きますよ、5,6分だからね。

そうそう、向かうはまずは西。夕日を拝んだら、

慌てて島の東に行って月の出拝もうというナイスな計画。




桟橋に着く頃にはすでに薄暗かったのに、

水が透明過ぎて……魚が泳いでるのがよーく見えるからすごい。

あーすごい。明日明るくなるのが楽しみね。。




さー、空は焼けないけど夜の香りは大好きよ、

写真に専念しなくていいならじゃんじゃん飲むよー弱くてしれてるけど。




IMG_9889


IMG_9911




水面がわずかに揺れる音、風が時々吹き抜ける音、

すでに鳴いてる虫の声、ていうか年中鳴いてるらしいけど。

たんと飲んでたんと喋って、花火もボーボーやってみて。

あーステキな時間。

(4月の海辺は、風が吹くと涼しくってジャケット着てました)




IMG_9912




そんな訳で、気分いいし雲もあるから

月の出チャレンジはまた今度。w

おやすみなさい。




投稿日 :
2017.06.19
投稿者 :
tomako

著者プロフィール

とまこ <旅作家・料理冒険家>

文字と写真と絵と料理で、旅を表現するアーティスト。
おしゃれパッカー部長。夢中はドローン!
ビューティ&ダイエットに効くめちゃ簡単
『天才クリーム(R)』の発案者。
http://tomako.tv/tensai.html

小5のき、カムチャッカ半島の森に新幹線で
行く夢を見て以来、旅に憧れる。
明治大学在学中にバックパッカーデビュー、
卒業後は秘境ツアーコンダクター。
気がつけば退社して南米へ、その道すがら結婚。
帰国後から執筆活動。のちに、離婚してインドへ。

TBS『王様のブランチ』、NHK『ひるまえほっと』
千原ジュニアさんのスカパー『ダラケ!』etc.
テレビ、ラジオ、講演会でも活躍。

【2017年9月20日『台湾で朝食を 日常よ、さようなら!』発売】

既刊は11冊。
代表作は『離婚して、インド』(幻冬舎文庫)
    『離婚して、インド』Photoエッセイ(雷鳥社)
初作品はハネムーンの『気がつけば南米』(アスペクト)
むっちゃ笑えてお役立ちなのは『世界の国で美しくなる!』(幻冬舎)

他に、レシピ&エッセイ『おむすびWORLD TRIP』(雷鳥社)
レシピ&エッセイ『世界一周旅ごはん』(朝日新聞出版)
天才クリームレシピ『スゴイダイズのやさしいごはん』(双葉社)
イラストエッセイ『電車でぐるっとよくばり台湾』(アスペクト)
Photoエッセイ『旅ふぇち』(ごまブックス)
イラストガイド『シンガポールへ行きたい!』(メイツ出版)
イラストガイド『バリへ行きたい!』(メイツ出版)がある。


HP 旅作家とまこです 
YouTube 
instagram
Twitter 
Facebookページ 


【ソーシャルレジデンスたまプラーザ在住】

Page Top