台湾に行ったら絶対食べるものトップ5入り「鹹豆漿」はここで!

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • twitter
  • facebook
  • google+

東京ノマド

台湾に行ったら絶対食べるものトップ5入り「鹹豆漿」はここで!
2017.10.08

台湾に行ったら絶対食べるものトップ5入り「鹹豆漿」。

出汁のきいた食べる豆乳スープ、台湾ならではご飯ですー!

もろもろっとした食感がたまらない~(*´°`*)♡









ここは地元の人にも大人気の『阜杭豆漿』。

5時半開店ですぐさまびっくり仰天の行列だけど

一度はチャレンジしてみてくださいな!!




ちなみに……一番好きな「鹹豆漿」のお店は

新刊『台湾で朝食を 日常よ、さようなら!』に載ってます(*´ω`*) ヤラシー!www




朝食600




日本ででも、ビジュアルと文章を楽しんでいただきたいし

台北、台南、高雄に行かれる方には実用書として大活躍です!

ぜひ読んでいただけましたらうれしいです☆




と、じらし宣伝しちゃったりなんかしまして、発表です!

本にも書いてる「鹹豆漿」とまこ的1位はこちらです!!




鼎元豆漿 550





鼎元豆漿 さんの!




ここはね~、庶民派小籠包店としてもイッチバン好き!









そうそう、小籠包と言っても、

庶民派分野、高級店分野とではものが違うと思ってます。

両方大好きだけど、美味しさの方向性がね。

高級店(有名な 鼎泰豐 的なところ)は薄皮上品勝負、

庶民派店は、肉汁食べ応え重視、

どっちも食べないとね~♪♪♡♡(*´﹃`*)




ちなみに、高級店の大好き店は「明月湯包」です!!!

いろんな人におすすめ聞いて、あっちこっち行くけど、

トップの座は奪われることなく、

ずーーーーっとNo.1、リピート率高し!




そうだそうだ、冒頭のフレーズ

「台湾に行ったら絶対食べるものトップ5」

また今度書いてみよっと♪








投稿日 :
2017.10.08
投稿者 :
tomako

著者プロフィール

とまこ <旅作家・料理冒険家>

文字と写真と絵と料理で、旅を表現するアーティスト。
おしゃれパッカー部長。夢中はドローン!
ビューティ&ダイエットに効くめちゃ簡単
『天才クリーム(R)』の発案者。
http://tomako.tv/tensai.html

小5のき、カムチャッカ半島の森に新幹線で
行く夢を見て以来、旅に憧れる。
明治大学在学中にバックパッカーデビュー、
卒業後は秘境ツアーコンダクター。
気がつけば退社して南米へ、その道すがら結婚。
帰国後から執筆活動。のちに、離婚してインドへ。

TBS『王様のブランチ』、NHK『ひるまえほっと』
千原ジュニアさんのスカパー『ダラケ!』etc.
テレビ、ラジオ、講演会でも活躍。

【2017年9月20日『台湾で朝食を 日常よ、さようなら!』発売】

既刊は12冊。
代表作は『離婚して、インド』(幻冬舎文庫)
    『離婚して、インド』Photoエッセイ(雷鳥社)
初作品はハネムーンの『気がつけば南米』(アスペクト)
むっちゃ笑えてお役立ちなのは『世界の国で美しくなる!』(幻冬舎)

他に、レシピ&エッセイ『おむすびWORLD TRIP』(雷鳥社)
レシピ&エッセイ『世界一周旅ごはん』(朝日新聞出版)
天才クリームレシピ『スゴイダイズのやさしいごはん』(双葉社)
イラストエッセイ『電車でぐるっとよくばり台湾』(アスペクト)
Photoエッセイ『旅ふぇち』(ごまブックス)
イラストガイド『シンガポールへ行きたい!』(メイツ出版)
イラストガイド『バリへ行きたい!』(メイツ出版)がある。


HP 旅作家とまこです 
instagram
YouTube 
Twitter 
Facebookページ

旅色プラス
RETRIP
 


【ソーシャルレジデンスたまプラーザ在住】