ゲストハウスらんたん 柏原豪氏

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube

コラム(日本語)

ゲストハウスらんたん 柏原豪氏
2012.08.08

はろー

たまちゃんです。

 

突然だけど、みんな運命の出会いって信じる?ワタシは信じない。信じなそうでしょ?でもね?先日、凄い出会いがあったの。さかのぼる事8年前。

それはワタシがまだ青臭いクソガキだった23歳の春の話。留学先で滞在していた留学生の寮の屋上で一人の男性に話しかけられたの。今思えば、彼がいなかったらワタシの留学生活は暗く、苦しみだらけの留学生活だったに違いないとまで思えるほどの存在。彼は、とってもとっても魅力的な男性だったわ。

中国でそれぞれ色んな生活を送って、それぞれ帰国し、それぞれの生活を送っていて連絡もとっていなかったんだけど、そんなある日、あるSNSサービスで彼を発見したの。なんと彼、今年の5月にゲストハウスの運営を始めたばかりだとか……。

 

ねぇ……これって運命よね?

会いに行くしかないよね?

京都に行くよね?てことで……

 



京都行ってきたわ?そりゃ行くわよ!だって何かあるかもしれないじゃない!貴方たち、ここの右画面の紹介文見たことある?!

「新宿2丁目のクラブとゲイカルチャーをこよなく愛する、           オカマブロガー・たまちゃん。昼はオカマバッグ片手にインタビュー       夜は激しいインタビュー?!
「取材」とは形ばかりで、実は男探しという噂も?!」

あのね。言っとくけど、太字にしたところ、あながち冗談でもないわよ。いつでもそのタイミング狙ってるからね?てことで、冗談が長くなったからちょっと真面目に書いていくわね。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ワタシ、シェアハウスに住んでかれこれ2年と少し経ってるんだけど、最近はシェアハウスってモノが一般的にもどんどん広まってきていて、周りでも「シェアハウスに住もうかと考えているんだけど」と相談されることもしばしば。

 

そんな中、よくある質問が「シェアハウスとゲストハウスの違いって何?」という質問。ワタシ、この質問にはいつも「どっちも似たようなもんよ」と答えるんだけど、実際には「シェアハウス→主に長期滞在目的 ゲストハウス→1泊から宿泊できる短期滞在目的」という違いがあるのよね。

よく、バックパッカー経験者や、海外によく行かれる方のお話を聞いていると、旅先でゲストハウスを利用したというお話を聞けることもしばしば。前回取材をさせていただいたプロダンサーIGさんの記事でもゲストハウスに宿泊されたお話が聞けたのよね。

そんな中、古い友人がゲストハウスを運営しているという情報が入ったので、遥々京都に行って、お話を伺ってみたわ。じゃあ、いつものいくわよ?みんな準備は良い?パソコン画面の前で元気よく声出してね?

 

れっつ~~?

 

たまゆく~~!!


 

**********************************

【京都ゲストハウス・らんたん 代表・柏原豪氏 インタビューレポ】



■久しぶりの再会に話が盛り上がります


---中国でお別れしてからだから、かれこれ6,7年振りだけどあれね。やっぱりお互いに老けたわね(笑)お互い帰国してからの情報は全く無いと思うんだけど、帰国後からゲストハウスを始めるまで、何してたの?


中国から帰ってきてからは、中国語の通訳の仕事をしながら2年間、旅行会社で働いてました。そのあと台湾に行って「ファッションセンターしまむら」で社員として働いたり、親が始めた的屋の仕事を手伝ったり……
---え?台湾に「ファッションセンターしまむら」があるの?!
「あるんです(笑)一応、社員で半年くらいで商品バイヤーになる予定だったんだけど、それが延びて延びてずっと店舗でレジ打ってました(笑)」


---それで、今年に入ってゲストハウスを運営と…。ゲストハウスは中国にいる時からやりたかったの?


「中国の留学生活は自分にとって凄く大きくて、友達との共同生活や旅先で泊まったゲストハウスは面白くて「いつかこんなことやりたいなぁ」とは思ってました。


台湾の『しまむら』で働いてた時も色んな仲間ができて、「京都に行きたい!」って言ってくれる人たちと、日本でも楽しく過ごせる場所があったらいいなぁと思って(笑)」
---いい話聞かせてくれるじゃないのよ。やだ…涙が…。
「実際にゲストハウスを始めてからは、台湾や中国で知り合った世界中の人たちが京都に来てくれて、みんなが宿泊してくれるから初めて本当に良かったなぁって思います。」



 


 



■ゲストハウス・らんたんのことを色々…


---海外での生活って、いい思い出や出会いが沢山できるわよね。でも、帰国してしまうと時間が経つにつれて、まるで夢だったみたいに忘れていってしまう人って少なくないと思うの。帰国して何年も経つのに、飛行機に乗って会いにきてくれるって素敵ね。


そんな素敵な再会の場所にもなっている【ゲストハウス・らんたん】だけど、何か苦労話とか無い?そぉいうの欲しいの(笑)


「大変やったことは、知り合いにゲストハウスを経営してる人がいなくて、始めるまでの準備は大変でした。海外を回ってた時にゲストハウスに泊まった経験と、あとは勘でなんとかやってましたけど(笑)。 オープンしてからは、お客さんの意見を参考にして色々手を加えてます。この間はお客さんの希望でゲストブックを作りましたよ。」



---他にも宿泊された方々の画像がFacebookやブログに投稿されたりしてるわよね。あれもとっても素敵だわ。今夜は泊まって行くからワタシの写真もお願いね?


この取材の話が出た時に「京都にはゲストハウスが多い」と聞いて調べてみたんだけど、本当に色んなゲストハウスがあるのよね。町屋スタイルを始め、多彩なスタイルのゲストハウスがある中、「らんたん」のコンセプトって一体なに?
「5月にオープンしたばかりなので、正直まだ手探り状態なんですけど、、、(笑)
最近流行っている自転車だけで旅をする「チャリ旅」というのがあって、ここは「チャリ旅」のお客さんが来ることが多いんです。この建物は入り口のシャッターを閉めることができるので、お客さんの自転車の盗難防止にもなるからだと思うんですが、意外とこういった設備のあるゲストハウスって少ないんです。自転車のお客さんも安心して泊まれる宿になると思うので「チャリ旅」のお客さんや自転車の貸し出しに力を入れて生きたいと思ってます。」


---確かに、東京でも自転車を持っている人の話しを聞くと、盗難の話は必ずでるわよね。警視庁のHPを見てみても年々増えていってるみたい。自転車好きが集まるカフェっていうのも聞いたことあるから、チャリ旅の人のためのゲストハウスっていうのも突き詰めていくと面白いことになりそうね。


 




(実際に【らんたんブログ】に載った画像)

 

 











■京都

---この建物の真横には「西本願寺」があるわよね?駅からも近いし素敵な場所なんだけど、京都でゲストハウスをやろうと思った理由と、この場所を選んだ理由を聞いてもいいかしら?

「京都っていう場所は、春は花見、秋は紅葉と素晴らしい自然があったり、京都3大祭りを始め、年越しはおけら参りと、1年中楽しめる場所なんです。外国から来た人にとって日本の歴史や文化に一番触れやすい所なので京都がいいかなと。

それと実は、京都でゲストハウスを運営している人の中で「京都生まれの京都育ち」っていう人は、ほぼいないんです。外国の人や学生時代に住んでたって人は多いんですけどね。だから京都出身の自分がやったら面白いことができそうだなぁと思って。



この建物は元々、1階に京料理屋さんがあって、2階から上は宴会場として使われてた建物だったので、各部屋に和の雰囲気があって、イメージしていたものに近かったんですよね。あとは京都水族館も近いしね(笑)

---友達で毎年必ず京都に行くっていう子が少なくないのよね。どんな魅力があるのかと思ってたら楽しみどころ満載ね。そういえば、東山で乗った人力車のイケメン車夫も京都の魅力をたっぷり教えてくれたっけ。。。ちなみにイメージしてたものって何?

「最終的には「千と千尋の神隠し」に出てくる「湯屋」みたいにしたいと思っていたんです。襖も煌びやかにして、吹きぬけの建物で…って(笑)あの映画でもモデルになっている「九份」のようなイメージにして外国人にも日本人にも喜んでもらえるような建物にしたいです。」



(台湾旅行で人気の九份。映画『千と千尋の神隠し』のモデルにもなってます)

 

 









■ゆくゆくは海外でゲストハウスを

---それいいわね!是非それ目指しましょう!まずはヒノキのアロマテラピーから始めましょ!それにしても「湯屋」みたいな雰囲気と、「チャリ旅」観光客のためのお洒落自転車施設のコラボっておもしろそうね。例えば、以前取材させてもらった「わびさびハウスさん(リンク)」は、各階を「春・夏・秋・冬」のイメージで内装を作り分けてらっしゃったんだけど、それを参考にして「チャリ・湯屋・京・宇宙!」なんてしてみるのも面白いかもしれないわね。

夢は広がるばかりだけど、ゲストハウス以外にこれからやりたいことってある?

「やっぱりシェアハウスかな?今は長期滞在の予約はお断りしてるんですが、そういった問い合わせがくる度に「シェアハウスをやってみたいな」って思います。あとは、台湾人の母親と日本人の父親の間に生まれていることや、【ファッションセンターしまむら】で働いていたりと、台湾には何かと縁があるので、いずれは台湾でもゲストハウスをやってみたいですね」



*************************************

というわけで、今回は京都の【ゲストハウス・らんたん】を運営されている、柏原豪さんにお話を伺ってきたわ。ちなみにこの日の晩、1泊させていただいたわ。初めてゲストハウスに宿泊したんだけど、これならホテルに泊まるより全然いいわね。ちなみにワタシが泊まったのは1泊8000円のこちらのお部屋。



次の日は丸一日、京都の名所にも連れてってもらって、本当に素敵な京都旅行…じゃなくて、取材ができたわ!

というわけで、気になるゲストハウスの取材はこれにて終了よ!

以上です!編集長!

*************************************



柏原豪

ゲストハウス・らんたんHP

http://k-guesthouse.jp/

 

らんたんブログ

http://k-guesthouse.jp/blog.php

 

 

 

 
投稿日 :
2012.08.08
投稿者 :
たま

著者プロフィール

we love oakhouse