0

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube

レジデントブログ

蕨宿ウォーキング(その2)
2019.04.28

前回蕨宿を紹介しました。

前回記事

今回はその続きです

金亀山三学院


2019-03-16 13.20.21

蕨宿を南から北へと歩いた後は、少し後戻りして金亀山三学院というお寺に行きました。

------
三学院は、京都の新義真言宗智山派総本山智積院(ちしゃくいん)の末寺で、金亀山極楽寺(こんきさんごくらくじ)三学院といいます。

創立年代は不明ですが、本尊の木造十一面観音菩薩立像が平安時代後期の作であることや、他に現存する資料から中世以前の創建と考えられています。
天正19年(1591)には、徳川家康より、寺領20石を寄進する旨の朱印状が授与されており、以後徳川歴代将軍からも同様の朱印状が与えられています。(蕨市ホームページより)

三学院

-----

との事で、とても歴史あるお寺で、また江戸時代から幕府から認められた、勢いのあったお寺だそうです。

2019-03-16 13.29.33

境内には堂々とした本堂と三重塔があり、とにかく広さと本堂の大きさに圧倒されます。このお寺、足立坂東三十三箇寺の20番、北足立八十八箇所の30番にあたる札所としても知られているそうです。また三蔵法師の遺骨を納めた舎利殿もあります。

金亀山 三学院(蕨/観光)敷地が広い!目にご利益のある有名なお寺。

2019-03-16 13.31.31

山門を出たところにはお地蔵さんが祀られています。一番端のお地蔵さんは眼病にご利益があるそうで、いつも目の上に味噌が塗り込まれています。

2019-03-16 13.23.13

和楽備神社


2019-03-16 14.03.03

三学院から歩いて5分ほどで、和楽備神社に到着します。この場所に出来たのは明治末期に神社合併が行われた結果だそうです。

和楽備神社(Wikipedia)

2019-03-16 14.05.35

境内は広々としていました。この場所はもともとは蕨城の一角だったそうです。神社の脇には池があるのですが、それが以前は内堀を形成していたのだとか。

蕨城址


2019-03-16 14.14.40

和楽備神社の隣は蕨市民会館なのですが、その間に蕨城址の碑があります。蕨城は天守閣や櫓のある城ではなく、城主の館がそのまま城として機能していたものだそうです。ですので、立派な石垣や堀があるわけでなく、知らないで来たら気づかずに通り過ぎてしまうような場所でした。
投稿日 :
2019.04.28
投稿者 :
たけちやん

著者プロフィール

56歳のおじさんです。一人暮らしをソーシャルレジデンス南浦和で楽しもうと思っています。料理と食べ歩きが大好きです。はてなブログも書いています。
https://www.take--chan.tokyo
もよろしくお願いします。