『ガーデンテラス西武柳沢』の紹介 “Take freeの場所”その①

0

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube

レジデントブログ

『ガーデンテラス西武柳沢』の紹介 “Take freeの場所”その①
2019.05.03

こんにちは。kéɪです。

『ガーデンテラス西武柳沢』の紹介、今回は前回に続いて、大好きなリビング編、


その名も“Take freeの場所”です!


dav


“Take freeの場所”とは、kéɪが勝手に呼んでいるだけなのですが、


退去する居住者さん達が、「ご自由にどうぞ」と、食材や日用品を置いて行く場所です。


主に、留学生や短期滞在の外国人の方が、滞在中に消費し切れなかったり、持ち帰れない物を置いて行くことが多いようで、


たいてい、“Take free”というメッセージとともに、実に様々な、お得な物が置かれて行く場所なのです!


『ガーデンテラス西武柳沢』のある保谷市は、ゴミ袋が有料、ということもあってか、


置いて行く方が、断然楽ちんでお金もかからない・∀・♪ということもあるのでしょう。


食材をはじめ、調味料のビン・缶類やパッケージ、雑貨類の不燃物など、残された物はすべて、中身を捨てて洗ったり、分別してゴミ出ししなければならないので、


物件管理担当者さんや、掃除の業者さんが、「またか~(;´Д⊂)」と頭を抱える“Take free”の出没なのですが、


これが、居住者には大好評!
(だと思うんですよね笑)


だって、未開封の食材や調味料など、賞味期限も残っていて、いいの?!というくらい、リッチな物が手に入ったりするんですよ!


他にも、未使用・新品同様の雑貨や、各国の食材、留学生のご挨拶用らしい自国のおみやげ品やお菓子などなど、


「今回はなになに?」と、見るだけでも楽しい“Take free”の品々なのです。


dav


前述のように、残された品物の処理が大変、とのことで(「掃除の業者さんに『要る物あったら持って行って!』とすすめられたり笑」)、kéɪは遠慮なく貰って行くことにしていて、


画像は、これまで入手したうちの一部です。
→次回につづきます!

投稿日 :
2019.05.03
投稿者 :
kéɪ

著者プロフィール

「ガーデンテラス西武柳沢」に2018年の夏に入居して、気がつくとここが大好きになっていました。

西東京ののんびりした雰囲気と、その中で静かで落ち着いた、どこか親しみのあるこのシェアハウスに、日々愛着を感じています。

そんな「ガーデンテラス西武柳沢」の暮らしを書き記して行こうと思います。