0

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube

レジデントブログ

お世話になりました
2019.08.25

9月1日で、住み慣れたソーシャルレジデンス南浦和を退去することになりました。入居したのが1月13日ですので、7ヶ月半、長いような短いような居住期間でした。

最高だった大浴場


2019-08-04 08.02.55

(写真は浴室内が無人であることを確認してから撮っています)

このレジデンスで一番良かったのは大浴場があったことです。もともとが男子寮か女子寮だった建物だと思うのですが、そのため、大浴場は1箇所しか無いため、日替わりで男性の日と女性の日が変わります。毎日入れないのがちょっと残念でした。別にシャワー室があるので、汗を流すことは毎日できたのですが、やはり大きな湯船は魅力的でした。特にこの大浴場、天井が半分ガラス張りなので、昼間は露天風呂のような開放感が味わえます。

豪華なキッチン


2019-08-12 12.22.24

キッチンもよく使いました。広いキッチンテーブルと大出力のIHコンロがついていますので、色々な料理を作ることが出来ました。また、キッチンカッターやハンドブレンダー、ハンドミキサーなどの小物調理器具もたいてい揃っていました。女性の方はよくケーキを焼いたりしていました。

使わなかった施設


シアタールーム、音楽スタジオ、ジムは見学のときは素敵な施設だと思いましたが、結局1度も使いませんでした。自分の部屋のテレビにもDVDがついていますが、結局こちらも1度も使っていないので、意外と音楽はそんなに好きではなかったのかもしれません。

ラウンジでパーティー


僕は公式のウェルカムパーティーにしか参加しませんでしたが、ほぼ毎週末にラウンジで色々なパーティーが催されていました。焼肉パーティーとかたこ焼きパーティーとか色々、キッチンにはホットプレートやたこ焼き器も完備されていますので、こんな事もできちゃうんですね。歳が離れているのと、お酒が飲めないのと、引っ込み思案な正確なので、なかなか飛び込んでいけませんでした。

だんだん寂しくなる部屋


2019-08-10 17.40.21

退去時にいきなり家具を処分しようと思うと、粗大ごみの申請など大変なので、1ヶ月前ぐらいから徐々に大物からハウスメイトに譲っていました。だんだん家具が無くなって部屋の中が寂しくなってくると、いよいよ退去が間近なのだと思い、切なくなってきます。

今後の居住空間は必ずしも良い環境ではないことが分かっているので、ここにいる時間を大切に過ごしてゆきたいと思います。

そして、もしも今後のくらしがうまくゆかなくなったら、また戻ってきます。その時はよろしくおねがいします。
投稿日 :
2019.08.25
投稿者 :
たけちやん

著者プロフィール

56歳のおじさんです。一人暮らしをソーシャルレジデンス南浦和で楽しもうと思っています。料理と食べ歩きが大好きです。はてなブログも書いています。
https://www.take--chan.tokyo
もよろしくお願いします。