0

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • instgram
  • youtube

レジデントブログ

巨大クレーン船「富士」
2021.04.22



高台に建つ「SR Academia横浜磯子」の魅力の一つが、やはりこの開けた展望。私の部屋は海側のB棟4階ですが、まもなく居住一年経つ今も、天気のいい日に窓から外を眺めるのが楽しみです。


そんな風景の中で最初に気になったのが、真正面の海辺の巨大クレーン。



これです。


すぐ右側のある構想の建物がJR新杉田駅に隣接する高層マンション「ヨコハマ・シーナリータワーマンション」で、巨大クレーンがあるのはその少し先。


近付いてみるとわかるのですが、南部市場から海を挟んで真北にあるこの巨大クレーン、実は固定されたものではなく「船」なんです。


●富士 | 起重機船 | 所有船舶 | 深田サルベージ建設株式会社


その正体は、深田サルベージ建設のクレーン船「富士」。全長105メートルで定格荷重は3,000トン。全く想像もつかないのですが、持ち上げるのは「橋」など。


数年前、TVドキュメンタリー番組「プロフェッショナル仕事の流儀」にも登場しています。


●巨大クレーン船「富士」乗組員(2017年4月24日放送)| これまでの放送 | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀



これまで、東京ゲートブリッジや築地大橋など、全国各地で難工事を成し遂げてきた。今回の仕事は、本州と気仙沼湾に浮かぶ大島を初めて結ぶ橋の架設。挑んだのは、船長の段野下定美をはじめ、特殊な技能資格を持った20代から50代の男たちだ。



たまにふと窓を開けると、その姿が消えていたりして、「今回はどこでお仕事なんだろう」と思ったり。


ちょっと遠いですが、横浜みなとみらいの一角も見えますし、根岸湾の工業地帯も一望できます。


3月・4月と入居者もじわじわ増えているようですがまだ空いている部屋もあるので、興味ある方はぜひ内覧にきてください。


投稿日 :
2021.04.22
投稿者 :
わだ

著者プロフィール

ニッチなテーマを探してサイト制作&運営を行う自称「ミニサイト作り職人」。趣味はバイクでのソロツーリング。40代になってから突如シェアハウス暮らしを始め、自由度の高さにはまる。運営サイトは「台湾温泉ガイド」「小型バイクで走る沿岸ツーリング」など。著書「ミニサイトをつくって儲ける法(日本実業出版社)」「できる100ワザアフィリエイト(インプレス)」他。
Twitter @wada_akiko