0

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • instgram
  • youtube

レジデントブログ

数少ない庶民的な定食を食べられる近所の居酒屋「数数(さくさく)」
2021.12.04




たまプラーザは独身男性殺しの町。安くて美味しいランチを見つけるのは至難の業。オシャレなカフェ、パン屋、ケーキ屋などが多いです。(ここ最近同じことずっと言ってます)


町の規模の割にランチ砂漠のたまプラーザにも、ヘビロテできそうなランチお勧め店を見つけました。


ソーシャルレジデンスたまプラーザから徒歩5分ほどのところにある居酒屋「数数(さくさく)」です。



 



このメニューがよいです。税込み900円以下で比較的バランスのとれた定食を食べられる店をついに見つけました。特に、やよい軒や大戸屋のような焼き魚定食を出している店が少なかったのでありがたいです。


すでに複数回通っており、スタンプカードも着実に貯まってきています。だいたいいつも焼き魚(時価)を注文します。


 


以下は赤魚(880円)とサバ塩(770円)です。



めちゃくちゃ普通ですがこれがいいんです。冷ややっこまでついているのが素晴らしいです。野菜がポテトサラダでなければ個人的には最高です。


他にもほっけ(880円)や金目鯛(1,000円)があることもありますが、個人的にはサバ塩をが一番おいしかったです。身も大きくて大満足です。


 


店長が気さくな方で、毎回支払いの時に声をかけられます。


よい定食を食べられる店が見つかりよかったです。夜は居酒屋営業しているようですが、まだチャレンジできていないのでいつか行ってみたいと思います。


 


投稿日 :
2021.12.04
投稿者 :
青木勲@SRたまプラーザ

著者プロフィール

1983年生まれ。茨城県出身。2017年6月からソーシャルレジデンス西葛西に住んでいましたが、2021年9月末からソーシャルレジデンスたまプラーザに引っ越しました。

趣味はサッカー、酒、読書、筋トレ、英語勉強です。

IT系企業で働いています。プロフィールの写真はオークハウスのインタビューを受けた際に撮影していただいたものです。仕事の形態としてリモートワーク可能なので頻繁にシェアハウス内のワーキングスペースで仕事をしています。ワーキングスペースがあるのはリモートワーカーにとってかなりメリット大きいです。

以下、2021年9月まで住んでいたソーシャルレジデンス西葛西に住んでいたころに取材を受けた記事です。

【過去にオークハウスに取材された記事】
リモートワーカーにとっては適度なコミュニケーションも取れるし、理想的な環境だと思います。
https://www.oakhouse.jp/interview_resident/oakinterview2

【R25で取材された記事】
人間関係めんどくさくない?「ソーシャルレジデンス」のリア充(?)な住人にツッコんできた
https://r25.jp/article/613614142197501422

【朝日新聞で取材された記事】
交流がない…シェアハウス生活、気まずい空気乗り越えて
https://www.asahi.com/articles/ASLDM46VPLDMUTFL00D.htm