0

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube

東京ノマド

ボドゲ部で盛り上げ!
2020.07.22

コロナ後、僕がどー動けば住民がソーシャルレジデンスをすてきと感じるか?
かなりの頻度で頭をよぎる。
いろいろ考えてみた。
東京におけるコロナの感染状況も含めての動きなので、日々、答えが変化させられる。
でも考え続けなければ、答えは出ない。

僕のひとつの結論は出した。
WIN_20200531_13_21_37_Pro
ボードゲーム部を作る!

3大メリット!
①ボードゲーム部を作って、シェアハウスでのお声がけするきっかけにする
②一緒にボードゲームして、家を楽しんでもらう
③ボードゲーム好きな人に引っ越してきてもらうw
↑ここまで狙いたい!目標!ガンバるっすw

別に「リビングへ降りてこない」って判断でいい。
特にコロナ禍で仕事上、降りにくい職種もあるし。
ただ、お声がけできないのが、僕は悔しい
そして、せっかく260部屋シェアハウスの醍醐味を味わってもらえないのが悔しい。

ボードゲーム部を主催するなら、自分がある程度、ボードゲームの知識と経験が必要。
このコロナ禍で、すんごい量の学びをした。
可能な限りの経験をした。
ボードゲームイベントをお店貸切で主催したり、
ボードゲームイベントに参加したり、
ボードゲームで有名な友達数人へ連絡したり、
ボードゲームで有名な人とコネクションを作りにいったり。

昨晩だって、徹夜で10時間ぶっ通しで学びまくった。
ボードゲーム好きな人と、ツイッターでつながりまくって、ボードゲーム仲間を増やしてるとこ。
ツイッターもボードゲームの内容をつぶやくこと、多めにしてる。

なにかを始める時は全身全霊で傾けるべき。
コロナのおかげで時間があるので、新しいことを始めるには、絶好のタイミング。

ソーシャルレジデンスを盛り上げへ役立てる日を、本氣で勝ち獲りにいく!
投稿日 :
2020.07.22
投稿者 :
PRO GAMBLER NOBUKI

著者プロフィール

15年×世界82ヶ国ノマドなう
検索【ギャンブラー】で上位独占。
世界中のカジノで勝ち続け、
愛する旅を続けてく。
携帯も時計も国境も持たず、
バックひとつで生きる自由人。
震災でボランティアしに一時帰国
出版依頼&毎週トーク依頼で絶好調
処女作「勝率9割の選択」が重版。
「ギャンブルだけで世界6周」が出版
イエローキャブ+文化人枠所属
ソーシャルレジデンスをさすらい5年
蒲田⇒新百合⇒たまぷら⇒はなこ⇒
5軒目♪出戻りSR蒲田←いまここ