0

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • instgram
  • youtube
plus

オーナー紹介・株式会社大京

オーナー紹介・株式会社大京

owner07
小國泰成様 株式会社大京 開発事業部 係長(当時)
  • シェアハウスにしようと思ったきっかけは何ですか?

    企業遊休不動産の有効活用のために、シェアハウス事業に関しては東日本大震災の少し前から検討していました。実は、震災当日もそれに関する業者さんへのヒアリングを行っていたのですが、直後の混沌とした状況の中で、人が集まって住むということの大切さを再確認することができ、是非ともチャレンジしたいという想いでスタートしました。今回の事業はオーナー様より大京グループを事業者として選定していただき、オークハウス様と一緒に共同住宅から寄宿舎への用途変更を行いました。その中でシェアハウスにて事業を進めるに至った理由は大きく分けて2点あります。一つは事業採算性です。もともと10棟のメゾネットだったのですが、それぞれにファミリーが入っていただくよりも、小さく区切って運営した方が当然事業効率は一目瞭然です。二つめは立地です。吉祥寺は、若年層に大変人気のあるエリアですので、シェアハウスの持つ特性が立地にマッチするのではと考えました。これらの理由があったので、物件をシェアハウスにするということに大きな抵抗はありませんでした。

  • オークハウスを選んだ理由を教えていただけますか?

    オークハウスさんの管理物件を実際に見学させていただいて、ハウス内でのコミュニケーション形式と運営がきちんと体系化されていることに驚きました。現場を見たからこそ、とても丁寧に管理されているという印象を持ちました。当社は不動産会社ですので、コミュニティを形成できるようなハードを造るということはそう難しくはありません。しかし、シェアハウスの運営というソフト面では経験がなかったので、オークハウスさんと組んで仕事をすれば、とてもいいものができるのではないかと考えました。また。オーク開発の方が不動産に詳しく、不動産会社がシェアハウスを展開する上でのリスク排除にきちんとご教授いただきました。その結果、企業遊休不動産のバリューアップと有効活用に成功しました。

  • 担当者様からのコメント

    当物件で一番難しかった点は、コストをかけずに如何に良いものをつくるかというところでした。当社では、シェアハウス事業としての初めての案件でしたので、当然前例やルールなどがありませんでした。会社から現場に裁量が与えられていたので、現場の様々なアイディアが各所に散りばめられた物件になり、住んでいる方の満足度も高い物件になったのではないかと感じています。今後シェアハウスを展開していく場合のパイロットケースになりました。

  • ソーシャルレジデンス吉祥寺

    2014年10月オープン|東京都武蔵野市中町|54部屋

    特徴:7年連続住みたい街ランキング第一位の吉祥寺。当物件は、駅から徒歩15分のところにある54部屋のシェアハウスです。フルリノベーションを行い、新築と見違える程のハイクオリティなハウスです。10棟のメゾネットから成り、各棟は6世帯のアットホームな雰囲気。適度な距離感を保ちつつ、住人同士のコミュニケーションを楽しむことができるという、シェアハウスならではの住まい方を提供しています。リッチの良さと物件のクオリティの高さが公表となり、2ヶ月で満室になりました。

    owner07_sr_kichijoji01
    owner07_sr_kichijoji02
    owner07_sr_kichijoji03
    owner07_sr_kichijoji04
    owner07_sr_kichijoji05

タイトル

テキスト

ボタン

注釈