0

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

社長挨拶

  • オークハウスについて
  • 事業内容
    • ソーシャルレジデンス
    • SR事例紹介
    • 物件紹介
    • good design賞
    • SR Academia
    • グラン
    • サービスレジデンス
    • オークアパートメント
    • これからのオークハウス
  • 開業フロー
    • 開業フロー
    • オーナー紹介
  • オークハウスが選ばれる理由
    • オークハウスが選ばれる理由
    • 部屋タイプ
    • 住むために必要なお金
    • スマート会員
  • 会社組織案内
    • 会社組織図
    • スタッフ紹介
    • 事業紹介

1998年の創業以来20年間に亘り、当社を率いて来られた山中前社長からバトンを引き継ぎ、新しく社長に就任いたしました。

私自身シェアハウスとは縁が深く、高校生の頃、当時住んでいた横浜の自宅の一室を外国人に貸して共同生活をしておりました。 日本語が話せない方も居ましたので四苦八苦しながらコミュニケーションをしたのを覚えています。

創業から初期のオークハウスはいわゆる一軒家を5〜10名程度でシェアする形態が多かったと思います。 当時としては非常に珍しい礼金敷金連帯保証人が不要で、個人の信用のみで借りられるという事で、上京してきた若者が一時的に住む場所としてニーズに応えられていました。 物件は普通の一軒家なので色々不便はあったと思いますが、まだそれが当たり前の時代でした。

その後シェアして住む形態が認知されるにつれ、より居住性を高めるため、物件のリフォームに力を入れたプレミアシリーズが誕生しました。 また近年はシェアハウスを再構築・再定義し、さらにワンランク上の形態で共有施設にも力を入れたソーシャルレジデンスという、入居者同士のコミュニケーションに重点を置いた物件が登場してきました。

一人で上京してきた若者は不安で寂しいものですが、 当社が提供するキッチン、ラウンジなどの共有の「場」で会話が生まれる事ですぐに新しい仲間ができると思います。

七夕やハロウィンなどにはパーティを企画し、より入居者同士がコミュニケーションを取れるように努めています。 入居者同士意気投合し結婚される方も多いようで羨ましい限りです。

思えばオークハウスは時代・顧客のニーズの変化に対応し、独自の入居者サービスを提供してまいりました。 結果20年以上も存続する企業になったのだと思います。

住んで楽しい、人との繋がりを大切にしたハウス作りを第一とし、2020年度の10000室運営を事業目標に邁進してまいります。 皆さま宜しくお願いいたします。

株式会社オークハウス 代表取締役 山中広機

yamanaka_kaichou

株式会社オークハウス ・社長
山中広機

略歴

  • 平成10年 白山高等学校卒業
  • 平成12年 駿台電子情報専門学校卒業
  • 平成12年 株式会社日立プラント建設ソフト入社
  • 平成14年 株式会社デジタルフォレスト入社
  • 平成18年 株式会社オークハウス 入社
yamanaka_kaichou

株式会社オークハウス ・会長
山中武志

略歴

  • 昭和26年6月24日 大阪市西区生まれ
  • 昭和45年 大阪府立大手前高校卒業
  • 昭和49年 京都大学経済学部経済学科卒業
  • 昭和49年 日本アイ・ビー・エム株式会社入社
  • 平成10年 株式会社オークハウス 設立代表取締役就任

タイトル

テキスト

ボタン

注釈