plus

荒川区の物件一覧

エリアの概要

東京都荒川区は東京都の北東部に位置し、東西に細長い区です。北側は隅田川に接し、隣接する区は文京区、台東区、墨田区、北区、足立区です。区内はほぼ平坦で日暮里の辺りの一部は台地となっています。荒川区の名の由来はもともとその地区を通る隅田川が荒川と呼ばれており、荒川放水路を作った際に隅田川と別れて放水路ができて、そのまま地名が残った形となりました。1932年10月1日に東京都域拡張に伴い、北豊島郡、南千手町、三河島町、尾久町、日暮里町が合併し、東京市荒川区となりました。1945年頃までは東京市内でもっとも人口の多い区でした。明治時代に荒川の水を使い工場が建設され、工業化が進み、現在は工場跡地にマンションが立ち並ぶ地区に変わりました。特に南千住地区での再開発は都内最大級と言われています。

見どころ

東京都荒川区での見どころと言えば日暮里カジュアルの略語である「ニポカジ」です。もともと繊維問屋が多くみられた日暮里繊維街に、問屋から小売店舗に転向した店が、若者向けの格安ショップを作り上げました。若者から主婦まで通う事が出来る店が多く、値段も他の店で買うより安く設定されている為、マスコミでも取り上げられた事があります。もちろん服飾関係の問屋も数多くあり、ボタンや革製品等一般向けの商品を取り扱っています。東京都荒川区では都電荒川線の沿線にバラが植えられています。5月10月に都電に乗車すると沿線に咲くバラを見ることができ、運が良ければ都電バラ号に乗車できます。バラのPR活動も行われており毎年バラの市では市価より安い値段で6,000株程のバラが売り出されています。

生活スタイル

東京都荒川区の人口は208,989人(2015年3月)です。夜間人口は昼間人口よりやや多く、昼間人口は夜間人口の0,963倍(2005年)となっています。もともと荒川区は工場、商店の多い地域であり、区外へ働きに出る人が少ない地区でしたが、現在はマンション建設が盛んになりファミリー層が増えて、区外へ働きに出る人も増加してきています。最近は下町としての特色を残す地区と、工場跡地を活用した再開発や公園の整備が行われている地区があり、特に南千住地区の開発が著しくなっています。大規模なマンション建設が続き、ファミリー層の人口流入がみられます。その為、1995年までは減少していた人口がこの年を境に増加し始めました。東京都荒川区では、あらかわの伝統野菜を復活させようと、荒川の豊饒な土で作られた野菜を作る取り組みを行っています。小学校の給食にも使用され、農業高校でも栽培に取り組んでいます。試食会なども行われ、多くのPR活動が開催されています。

荒川区の物件4物件59部屋が公開中!

東京都荒川区とはどんな区なのでしょうか?区の産業や町の特色などを紹介いたします。

荒川区の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥58,221

アパートメント

アパートの登録がありません

荒川区の入居者属性グラフ