plus

千代田区の物件一覧

エリアの概要

東京都千代田区は日本の政治の中枢機関が集まっています。国会議事堂、経済産業省、財務省、外務省の庁舎、内閣府や総理大臣官邸、中央合同庁舎なども千代田区のアドレスです。また、各国の大使館や国際機関の所在地でもあり、アイルランド、英国、インド、ベルギー、ポルトガルなど14カ国の大使館や、アジア・米州開発銀行、国際金融公社なども事務所を構えています。最高裁判所もあります。 政治のみならず、丸の内、大手町エリアを中心として日本の経済の心臓部でもあり、日本を代表する大手企業の本社の所在地や世界的にも知名度の高い外資系企業も数多く千代田区に事務所があります。 多くの高層ビル群が林立していますが、東京都千代田区の15%は緑地が占めています。その中には皇居があります。また、日比谷公園も千代田区内にあります。高層ビル群の景色と皇居・日比谷公園の緑のコントラストは美しく、道路も広いので大変広々とした印象があります。

見どころ

東京都千代田区の見どころといえば、皇居があげられます。皇居外苑には和田倉噴水公園があり、東京駅から歩いていくと、皇居の手前にあります。噴水の近くにレストランがあります。噴水公園を過ぎると皇居に行くことができます。市民に無料で開放されており、平日・祝日問わず沢山の人や外国からの観光客で賑わっています。 皇居内には博物館が点在しており、普段目にすることのできないような皇室所有の貴重な美術品を見学することができます。また、北の丸公園には日本武道館があり、コンサートや様々な催し物が開催されていますし、東京国立近代美術館もあります。桜が咲く季節には皇居内の千鳥ヶ淵が有名で皇居のお堀沿いに桜が咲き、沢山の人が訪れます。

生活スタイル

東京都千代田区はその殆どがビジネス街や官公庁、皇居で占められているため昼間の人口が80万人に対して、夜間人口は5万人以下と居住人口が極端に少ない区です。千代田区内で住宅供給率が一番高い地区は麹町であり、分譲マンションの40%、賃貸マンションの35%が麹町に集中しています。職住隣接を希望する生活スタイルを重視し、マンションに住む忙しいビジネスマンが増加傾向にあります。そのため労働年齢層の単身世帯が急激な増加をみせており、千代田区の人口の4割を占めています。ファミリー層や高齢者世帯も増加しています。 単身の会社員や自営の人が多く居住していることもあり、気軽に利用できるコンビニエンスストアの利用者が多く、また最近はスーパーなどの買い物の利便性にも改善傾向がみられており、利用者の満足度が高まってきています。気軽に立寄れる飲食店も沢山ありますので仕事が遅くなっても1人で利用しやすいです。

千代田区の物件1物件18部屋が公開中!

「東京都千代田区は日本の政治・経済の中枢機関が集中」

千代田区の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥52,444

アパートメント

アパートの登録がありません

千代田区の入居者属性グラフ


Page Top