東京都中央区のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • twitter
  • facebook
  • google+
plus

中央区の物件一覧

エリアの概要

日本の首都、東京の中心部である東京都中央区。 区内には、日本橋、八重洲、築地、銀座、月島、晴海などのエリアがあり、面積は23特別区の中で台東区に次いで2番目に小さい。 このエリアの特徴である商業地帯としてのオフィス街が多く、住宅もマンションや団地などの集合住宅が多くを占め、一軒家や長屋は南部(佃、月島)付近に存在するのみでかなり少ない。道路は碁盤目状で、他の区と比べると整備されているので分かりやすい。臨海部では東京オリンピックの選手村を建設し、催事終了後はそのまま住宅に転用される予定です。 区域の西側は江戸時代に栄えた下町であり、東側は同時代からの埋め立てによって出来た地域でもともと海だったエリア。現在、中央区は行政上、日本橋、京橋、月島の3地域に区分されています。 第二次世界大戦終戦直後までは運河と水運の町であったので、区内には川が多く、その一部は現在では埋め立てられて道路となっているものも多く、町や区界は河川に沿っていることが多いです。

見どころ

東京都中央区の見どころは、その多彩な地域性による観光地の多さです。 河川の町らしく、東京都観光汽船による隅田川ライン、お台場ラインに加え、東京公園協会が運行している東京水辺ラインの水上バスは季節問わずに人気が高いです。 街全体が観光地として人気が高い銀座、築地、月島、お台場はもちろんのこと、観光スポットとしても、明治座・新橋演舞場・歌舞伎座・浜離宮庭園・日本橋商店街などがあります。 また、観光のみならず、各空港へのアクセススポットである水天宮にある東京シティ・エア・ターミナルもあり、ビジネスで利用する人も後を絶ちません。 また、中央区築地4丁目(新橋演舞場の手前で、歌舞伎座のすぐ近く)には東劇ビルもあり、松竹芸能の本社もあります。

生活スタイル

東京都中央区の人口は23特別区で2番目に少ないですが、きちんと学校などの教育機関と施設が存在します。公立の中学校・小学校・幼稚園の他、私立の高校もありますし、区立図書館の利用率も良いです。 また、デパートも多いですが、意外とスーパーも多く、生活にも困りません。病院も聖路加病院などの大きな病院から個人病院まで幅広く、コンビニやドラッグストアなども多数点在しています。 オリンピックに向けて晴海エリアのマンション建設も進み、移住する人も多く、それに合わせての街興しも行われています。 家電量販店などは少ないので、近隣の区へ移動が必要になることもあるでしょう。 しかし、やはり中央区という名の通り、都内どこへ行くにも抜群にアクセスが良いです。

中央区の物件1物件10部屋が公開中!

「東京都中央区はビジネスと観光がミックスした魅力的なエリア」

中央区の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥73,800

アパートメント

アパートの登録がありません

中央区の入居者属性グラフ