plus

日野市の物件一覧

概要

東京都日野市は、東京首都圏から約30キロメートルほど西側の郊外エリアに位置する市で、JR中央本線や京王線、多摩モノレールなどの鉄道も充実したエリアです。京王線を利用すると新宿までも約30分でのアクセスが可能なので、首都圏に通勤するサラリーマンなども多く居住していて、東京のベットタウン的な位置づけの街にもなっています。豊田駅や高幡不動駅など主要駅のそばには大きなスーパーマーケットも充実していて買い物環境も良好です。市内には、多摩川や浅川、百草園など自然を感じられるスポットや、多摩動物公園などがあり子供と遊びに行けるスポットも満載です。また、中央自動車道の国立府中インターチェンジが近いため、車での首都圏へのアクセスや郊外へのアクセスも快適で、週末にはドライブなども満喫できます。

見どころ

東京都日野市の中の、名所としては「高幡不動尊」が挙げられます。東京郊外エリアでは最も有名な神社になっていて、初詣の時期には多くの参拝客でにぎわいを見せます。交通安全の祈祷に訪れる人も多く、車とドライバーのお祓いを同時にしてもらうことが可能です。境内には、重要文化財に指定されている「仁王門」や「不動尊」などがあります。高さ約40メートルの「五重塔」も見どころの一つになっています。また、自然を楽しめる公園としては「百草園」を挙げることができます。ウメ・ツツジ・アヤメ・福寿草などをはじめとして、四季折々の草花が楽しめます。特に秋の紅葉の時には多くの観光客も訪れます。茅葺き屋根の「松連庵」や日本庭園なども再現されていて、心落ち着く空間が広がっています。

生活スタイル

東京都日野市は、戸建て住宅を中心とした住宅街が充実していて、東京首都圏に通勤するサラリーマンのベッドタウン的な位置づけの街並みが広がっています。よって、日中は人口が減り、夜の約0.87倍の人口になります。JR豊田駅の前には「西友・豊田店」や、京王線の高幡不動駅の前には「京王高幡ショッピングセンター」などスーパーマーケットも充実し、買い物も快適に行うことができ、住みやすいエリアとして人気のエリアで現在も人口が増加の傾向にあります。近隣の八王子地区や多摩地区などには多くの大学が存在するため、大学生も多く居住していて特に20歳代の人口層が多い傾向になっています。日野市の最北部には多摩川が流れていて、川沿いには豊富に公園や緑地があり、サイクリングロードも完備されているため、スポーツなども思いっきり楽しめます。

日野市の物件1物件20部屋が公開中!

東京都日野市は、鉄道も充実し通勤も快適に行え、適度に自然環境もよく子育てものびのびと行えるエリアです。

日野市の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥43,150

アパートメント

アパートの登録がありません

日野市の入居者属性グラフ


Page Top