plus

小金井市の物件一覧

概要

東京都小金井市は東京都多摩地域にある市で、東京都の中央に位置し、調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、国分寺市、小平市、西東京市の7つの市と隣接しています。工場や企業は少なく、市域の大部分が住宅地です。市内には高校が6校、大学のキャンパスが2つ所在し、東京学芸大学のキャンパスには幼稚園から中学校が併設されていて文教地区を形成しています。中央本線と西武鉄道が市内を通過していて、中央本線には2駅、西武鉄道には1駅設置されています。市の北部には、敷地が小平市、西東京市、武蔵野市に跨る小金井公園があります。小金井公園の敷地内には、博物館やドッグラン、野球場、テニスコート、弓道場、ゲートボール場など、多くの施設が集まっていて、小金井市民の憩いの場になっています。

見どころ

東京都小金井市の施設で、市外から最も集客がある施設が小金井公園です。小金井公園は約80ヘクタールもある広大な公園で、敷地は市外にまで及んでいます。広大な敷地の大部分は雑木林や芝生で、公園内をウォーキングしたり芝生で休憩している人が多く見られます。バーベキュー場の人気が高く、休日には多くの利用があります。遊具やアスレチックジムが設置されている広場が設けられており、子供を遊ばせるために公園にやって来る市民も目立ちます。また、小金井公園はスポーツ公園としての側面もあり、総合体育館や野球場、テニスコート、ゲートボール場が所在し、クラブ活動やレクリエーションに活用されています。公園内には約1800本の桜が植えられていて、春になると市の内外から多くの花見客が訪れます。

生活スタイル

東京都小金井市は、市内に住む労働者の約40パーセントが都内に通勤している典型的なベッドタウンです。市内には大型の商業施設・娯楽施設は少ないですが、大学のキャンパスが2つ所在し、平日も多くの学生が流入しているため、単身者向けの小売店や娯楽施設は充実しています。小金井市の鉄道移動の中心となる武蔵小金井駅は市の中央に位置しているため、市内全域からアクセスが容易です。武蔵小金井駅から新宿までは約25分と、都内への移動も短時間で行えるため、居住地として高い人気を誇ります。市内全域に宅地が広がっていて、車での移動は市内を縦断している小金井街道が中心です。小金井街道沿いには郊外型のスーパーやホームセンターが集まっていて、近隣の自治体からも多くの集客があり賑わっています。

小金井市の物件3物件190部屋が公開中!

東京都小金井市の概要や見どころ、生活スタイルについて紹介します。

小金井市の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥53,875

アパートメント

平均 ¥72,250

小金井市の入居者属性グラフ

SOCIAL RESIDENCE シリーズ「住む」より「楽しむ」あたらしい暮らし方

もっと見る

ソーシャルレジデンス東小金井

ソーシャルレジデンス東小金井

JR中央線 / 東小金井 15分