plus

三鷹市の物件一覧

概要

東京都三鷹市は、東京の中央部分にあり、広大な武蔵野台地の中央部南端の、区部と接するところに立地しています。人口は約19万人で、平均年齢は東京都の中ではやや低めです。吉祥寺や三鷹など、主要な駅の周辺には多くの商業施設があり、たいへん賑やかですが、全体を通しては、緑に恵まれた公園の多い、静かな住宅地が広がっています。市内には、複数の大学や関連施設があり、若者が集まる街として知られています。なかでも吉祥寺は、都心へのアクセスもよく、都内の住みたい町ランキングで、常に上位に入っている人気のエリアです。2005年には、ITを市民や企業、行政との協働に活用する活動が評価され、インテリジェント・コミュニティ・オブ・ザ・イヤーの世界一に選ばれています。

見どころ

東京都三鷹市は、公園都市という異名を持つほど、緑の多い街です。なかでも、武蔵野市とまたがる井の頭恩賜公園は、中心に武蔵野三大湧水池の一つといわれる井の頭池があり、雑木林、動物園と水生物園のある自然文化園、テニスコートなどのスポーツ施設、遊具広場などが揃っています。また、都内屈指の桜の名所として知られ、約500本の桜が咲き誇ります。日本のさくら名所100選に選ばれていて、池の周りの満開の桜が池にせり出して咲く姿は圧巻です。園内には、三鷹の森ジブリ美術館があり、「となりのトトロ」や「天空の城ラピュタ」など、ジブリの作品世界を味わうことができます。全体に不思議さと温かさが漂う一風変わった美術館として広く人気を集め、世界中のジブリファンが訪れています。

生活スタイル

東京都三鷹市では、約4割の人が区部に通勤しています。ベッドタウンとしての要素がありますが、市内に通う学生も多く、昼夜人口としては比較的バランスがとれています。若者が多く集まることから、全体に活気のある空気が満ちています。また、三鷹市には、かつて武者小路実篤、三木露風など、文学者が多く住んでいました。そのことが教育や芸術文化を大切にする市の姿勢、文化的風土へと繋がっています。地元にゆかりのある山本有三記念館や太宰治文学サロンがあり、文学世界を感じることができます。三鷹市文化芸術センターでは、音楽、演劇、美術など、さまざまなジャンルの芸術を支援し、練習したり、発表したり、鑑賞したりする機会を得ることができます。生涯学習にも力を入れているので、学びの意識を持ちやすい環境だといえます。

三鷹市の物件4物件175部屋が公開中!

東京都三鷹市は、都心に近い便利さと、豊かな自然、学びの文化風土を持った街です。

三鷹市の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥57,017

アパートメント

アパートの登録がありません

三鷹市の入居者属性グラフ


Page Top