plus

大田区の物件一覧

エリアの概要

東京都大田区は、東京都の東南部に位置し、東京湾に面しています。また、南は多摩川を挟んで神奈川県の川崎市に、そして区の他方面の境界線は、品川区、目黒区、世田谷区に隣接しています。 この区は、かつての大森区と蒲田区が合併したもので、昭和22年に現在の東京都大田区となりました。見ても分かるように、大田区の名は、大森の大と蒲田の田の文字を一字ずつ取って命名されているのです。また、二つの区が合併したこともあり、その面積は東京都23区内で一番広いものとなっています。 この地域は、武蔵野台地の先端にあることと、海と川に面したその地理的要因から、昔から人が住みやすかったため、区内には池上本門寺五重塔、大森貝塚、多摩川古墳などの多くの史跡が点在しています。 関東大震災の後は、住宅地の整備が進み、高級住宅街として名の知れた田園調布など緑の多い住宅地がある他、工場団地などもあります。 また、大田区には、東京の空の玄関と言われる羽田空港(東京国際空港)があります。この空港は、国内専用の旅客ターミナルと国際線旅客ターミナルの両方が揃っていて、日本のハブ空港として活躍しています。

見どころ

東京都大田区の一番の見どころは、何と言っても羽田空港でしょう。ここは、単なる空港としてだけではなく、一つの観光スポットでもあります。特に、施設内の「江戸小路」は、ダイナミックに広がる筋雪をイメージして作られた大屋根の下に、江戸時代の街並みが再現されていて、外国から来た人々の目を楽しませています。また、日本各地から厳選されたレストランやファッション雑貨ショップが集結しています。そして、「TOKYOPOPTOWN」には、世界に誇る日本の文化であるアニメキャラクターのショップや、体感型の施設が整っています。 東京都大田区には、鎌倉時代の僧・日蓮の霊跡である池上本門寺があり、その広大な敷地には、大堂の他、五重塔などの見応えある建造物が点在しています。毎年10月11日~13日には、日蓮聖人の遺徳を偲ぶ法要が行われ、特に12日夜の万灯練供養は何とも言えない趣きがあります。

生活スタイル

東京都大田区が力を入れているのは、自然の保護とスポーツ振興です。 東京湾沿いのモノレール・流通センター駅付近にある「東京野鳥公園」では、年中または季節ごとの野鳥を観察することができますが、他の海辺の生きものや、植物なども大切に守られています。 そして、この区の一番の特徴と言えば、スポーツによって街を活性化するとともに、区民が健康で楽しく生活できることを目指している点です。また、スポーツを単に「行う」という面からだけではなく、「見る」という側面からも力を入れています。 東京都大田区は、区民のスポーツ祭りを開催したり、多くの区民参加によるウォーキングを行ったりなど、積極的に体を動かすことを促す一方で、大田区総合体育館などで国際大会や全国大会を観戦できる機会を増やしています。 大田区の人々は、このように、区民がスポーツを通じて、ともに生き方やコミュニケーションを共感し合える生活を送っています。

大田区の物件14物件397部屋が公開中!

「日本のハブ空港・羽田空港があるのが東京都大田区です」

大田区の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥64,852

アパートメント

平均 ¥75,963

大田区の入居者属性グラフ

SOCIAL RESIDENCE シリーズ「住む」より「楽しむ」あたらしい暮らし方

もっと見る

ソーシャルレジデンス蒲田

ソーシャルレジデンス蒲田

京浜急行本線 / 雑色 4分


Page Top