plus

多摩市の物件一覧

概要

東京都多摩市は、多摩ニュータウンという巨大な住宅街があり、東京のベットタウンとなっている地域です。約15万人の人々が生活していて、ファミリー層が多いです。特に多摩ニュータウンの中には公園も充実し、歩道も充実していて、自動車に近づくことなく学校や駅までアクセスできるので、子どもの独り歩きも安心です。学校も充実していて、どのエリアに住んでも徒歩15分以内には公立学校があるようにまちづくりが行われています。聖蹟桜ヶ丘駅、永山駅、多摩センター駅など、どの駅の前にも百貨店やスーパーマーケットなどのショッピング施設が充実していて買い物環境も快適なエリアです。京王線や小田急線を利用することで、新宿にも30分程度でアクセスが可能で、通勤も快適に行えます。

見どころ

東京都多摩市の見どころとしては、多摩センター駅前が挙げられます。駅の建物からパルテノン多摩という施設に向かって真っすぐに歩道が伸びていて、定期的にイベントが開催され多くの人々でにぎわいを見せます。特にクリスマスの時期には、パルテノン多摩の前の広場に巨大なクリスマスツリーが出現し、周囲にもさまざまイルミネーションが施されます。また、もともと丘陵地帯であったこの地域には、自然を生かした公園が多数あります。特に鶴牧地域にある「奈良原公園」には約500メートルの直線遊歩道の脇に見事な桜並木が作られていて、広大な芝生広場も充実し多くの花見客でにぎわいを見せています。その直線遊歩道はまっすぐと富士山に向いていて、桜越しに富士山を見ることができるこだわりの設計がされています。

生活スタイル

東京都多摩市は、東京のベットタウンとなっていて、人口約15万人の巨大住宅街ですが、夜間人口と昼間人口の差はさほどないのが特徴です。住宅街に住む人々は日中に東京首都圏への通勤に出かけますが、多摩市内には多くの大学や高校もあり、日中に多くの学生が多摩市内に来るために、夜間と昼間の人口差があまりなくなっています。また、多摩センター駅前にはサンリオピューロランドがあるなど、アミューズメントスポットも多数あり、ショッピングや観光に日中訪れる人も多いです。永山地区・諏訪地区などは1970年代に開発された地域であるため、この地域については住民の高齢化もクローズアップされています。また、少子化も進んでいて、現在では小学校を老人ホームとしてリニューアルするなどの処置が施されています。

多摩市の物件1物件62部屋が公開中!

東京都多摩市は、公園や学校も充実し子育ても安心して行えるエリアです。

多摩市の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥49,258

アパートメント

アパートの登録がありません

多摩市の入居者属性グラフ


Page Top