0

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

イベント開催中!イベント一覧はコチラ

阪急宝塚本線の物件
1物件部屋が公開中!

阪急宝塚線は阪急電鉄における中心駅でもある大阪府の梅田駅と兵庫県の宝塚駅を結ぶ路線です。

戻る>

部屋タイプ

希望価格帯

空室予定日

オプション検索

1件見つかりました

キャンペーン物件

今がお得!キャンペーン中の物件はこちら!

キャンペーン物件一覧へ

阪急宝塚本線の物件情報

阪急宝塚本線の賃料相場

シェアハウス 平均 ¥36,000
アパートメント 平均 ¥0

阪急宝塚本線の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

全19駅で構成されており、十三駅、蛍池駅、川西能勢口駅といった重要駅も通っています。路線の距離は24.5kmと決して長くはありませんが、阪急電鉄にとってなくてはならない路線です。歴史はとても古く、1910年に誕生しています。当初は沿線人口が非常に少なかったものの徐々に増加し、昭和中期には混雑率が250%超えるに至りました。今では輸送力も大幅に増加したことで混雑率は解消にむかい、伊丹空港などに向かう人たちにも多く利用されています。大阪の中心地点から乗り換えることなく北方向に簡単にアクセスすることができ、通勤や通学で積極的に活用されています。大阪市と豊中市、池田史、川西市、そして宝塚市にまたがり、大阪モノレール、JR西日本各線、能勢電鉄への乗換駅が出来る点も魅力でしょう。

見どころ

阪急宝塚本線は全19駅ですが、特に起点駅となる梅田駅と宝塚駅の周辺には見どころが満載です。宝塚駅から徒歩10分のところにある宝塚大劇場は宝塚歌劇団の本拠地となっています。日本を代表するミュージカルを作り上げていて、様々な公演を楽しむことができます。1年間の観客の数は延べ100万人を超えると言われていて、宝塚大劇場にアクセスするために宝塚本線を利用する人も多くいます。外観は非常にオシャレな洋風であり、大劇場の他にも宝塚バウホールと呼ばれる小劇場も備えています。宝塚歌劇の殿堂や宝塚レビュー郵便局なども併設しており、この地ならではの楽しみ方が可能でしょう。梅田駅から数分でアクセスできるHEPファイブは若者を中心に人気があります。ファッションアイテムや雑貨店が入居していて、全部で170店舗以上が軒を連ねています。多数の飲食店も入居しており、今話題のVRZONE OSAKAも8階と9階に入っています。何よりの特徴は真っ赤な大観覧車であり、これは梅田を代表する見どころのひとつです。地元大阪の人だけでなく観光客が観覧車で楽しむケースも多く、梅田エリア以外も観覧車から眺望することができます。

生活スタイル

阪急宝塚本線が通る沿線エリアは、都市部の「梅田~十三」と住宅地の「三国駅~宝塚駅」では、特徴が大きく異なるので生活スタイルも違います。「三国駅~宝塚駅」エリアは、梅田にアクセスしやすく、なおかつゆったりと生活ができるため仕事とプライベートのバランスがとれた暮らしが送れます。阪急宝塚本線の19の駅のうち6駅は他の路線への乗り換えもでき、様々な場所へのアクセスが容易です。一人暮らし世帯にも人気がありますが、それ以上に家族世帯に好まれていて、小さな子どもがいても安心して暮らせるでしょう。混雑率の問題も以前に比べて改善しており、大阪都市部に通勤や通学をする場合にもおすすめです。基本的には各駅とも徒歩圏内にスーパーやドラッグストアなどが建ち並び、「三国駅~宝塚駅」エリアについては閑静な住宅街が駅周辺に立地している場合が多いです。落ち着いた暮らしが望めることが阪急宝塚本線沿線の魅力でしょう。

阪急宝塚本線沿線の駅

※物件が所在する駅のみ表示しています

タイトル

テキスト

ボタン

注釈