0

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

ソーシャルレジデンス浦和

インタビュー:浦和のスーさん(ソーシャルレジデンス浦和)

オークハウスに住む多様な住民を紹介するオークインタビュー。今回登場するのは「ソーシャルレジデンス浦和」にお住まいの「浦和のスー」さん(匿名希望)です。
今回はなぜ漫画家を目指すスーさんがシェアハウスに住むことを選んだのか?漫画家を目指している日々について様子について、インタビューを通してご紹介します。

簡単な自己紹介をお願いします。
ソーシャルレジデンス浦和に住んでいる匿名希望の「浦和のスー」です。
以前は地元で教員をやっていましたが、大学時代に漫画を書いていた経験があったので、漫画家になるという夢を追い求めて東京に思い切って来てみました。基本的には普通の青年漫画を書いていますが、まだ連載はやっていないので、広告漫画などを書いてお金を稼ぎつつ、教員時代の経験を活かして塾のバイトでも収入を得ています。

(「浦和のスー」さんはオークブログで漫画を披露されています。)
https://www.oakhouse.jp/blog/supporters/?author=525

学校の先生をやっていたのですね。
小学校の先生を4年間やりました。教員はとても好きな仕事だったので、今は教員時代の経験を活かして塾のバイトをしています。

東京に出てきてすぐに塾のバイトを始めたのですか?
最初は家から徒歩10分の場所にあるコールセンターで働いていました。休みも取りやすいし、シフトもだいぶ融通が効くし、自分の向き不向きはあまり考えずに選びました。
そのときに初めて民間企業で働いたのですが、世間の人がこんなにも労働時間や給料や残業を気にしているということを知りました。教員のときとは楽しかったですが、労働時間や給料について考えたことが無かったので、新しい発見でした。
ただ、コールセンターの仕事は電話対応をしますが、同僚などとの会話が一切なくて、ちょっと合わなかったです。

シェアハウスに住むきっかけは?
大学時代の文芸部の知り合いの3人が漫画を描くために上京していて、3人全員がそれぞれ別のシェアハウス生活をしています。そのうち1人はオークハウスに住んでいます。その3人に話を聞いてシェアハウス生活を勧められたのがきっかけですね。
東京の家賃が高いことも分かっていたので、費用を抑えるためにもシェアハウスしかないかな、とは思っていました。

その3人から話をいろいろ聞いていたのですね。
3人からは「シェアハウスはいろいろな人との交流などがあって楽しいよ」と聞いていたので、魅力的だと感じました。もし一人暮らしをしていたら、人と話さず、友達もあまりできず、ちょっとつまらない生活になっていたと思います。
少し前の4月には、シェアハウスの人たちと花見をしました。そういう交流が楽しいです。

楽しそうですね。住人さんとの印象的なエピソードはありますか?
漫画の話で盛り上がるときがあったのですが、ここに住んでいるインド人が「ONE PEACE」が大好きで、「ONE PEACE」こそが最高の漫画だと主張を繰り返しているのですが、私が「HUNTER HUNTER」や「ドラゴンボール」だってよい漫画だと言い返しても、全く聞く耳を持たなくて…リビングで激しく言い合いになったことはあります。

それは微笑ましいエピソードですね。笑
そうかもしれませんね。このシェアハウスではトラブルは全然ありません。落ち着いた人たちばかりです。週末の夜でさえ人が全くいないことがあります。一方で声を掛け合って集まって一緒にテレビを見ることもあるし、ちょうどいい落ち着き具合が気に入っています。

綺麗で落ち着いた雰囲気のラウンジ

食生活はどのような感じですか?
私自身はそれほど料理をするほうではないので、ラーメンばかり食べています。ここに来てからは、友達に教えてもらった「辛ラーメン」が美味しかったので、そればかり食べています。


(辛ラーメンにハマり始めたきっかけ)
https://www.oakhouse.jp/blog/supporters/?p=51866

シェアハウスだと他の人の好きな食べ物とかを知って、食事の幅が広がりますよね。
はい。海外の人が作っている料理なんて、普通に一人で生活していたら絶対に知ることが無いですからね。先日は、1Fのソファーでダラダラしていたら料理のおすそ分けをいただきました。

ラウンジにあるお気に入りのソファーでよくテレビを見ているそうです

おすそ分けいいですね!料理はされますか?
昔よりも断然料理をするようになりましたね。みんな料理するのを見ているとやりたくなるし、キッチンが広いので何人かいるところで料理するのは楽しいです。
キッチンは2つしか無いですが、住人は30人ほどでそんなに多くないので、取り合いになることはほとんどありません。

広々としたキッチン

オークブログで描いている漫画はどのようにしてネタ出ししていますか?
ネタに全く困らないです。漫画を書こうと思ったときに最近の出来事を振り返ればいくらでもネタが出てきます。どの部分をどのように切り取ってネタにするか困るだけです。

オークハウスの社員さんの間でも話題になっているらしいです。
それは嬉しいです。最近は本業の方で忙しかったのでなかなか描けていなかったですが、またがんばって描きます。

忙しいと言いつつもプレステを買っていましたね。

(参考記事)
https://www.oakhouse.jp/blog/supporters/?p=53565

うっ・・・漫画の仕事で何か賞を獲得できたら買おうと思ったのですが、ちょうどいいフェアをやっていたので、つい買ってしまいました。笑
でも実はその2ヶ月後にある賞をいただいたのでセーフだと思っています。

お、すごいですね!では、もう一方の漫画(本業)はどのようにして描いていますか?
基本的にネタ出しは近所の喫茶店などで考えます。あとは散歩をしながらよく考えています。ソーシャルレジデンス浦和の近くには別所沼公園という素敵な公園があって、お気に入りスポットの一つです。

タリーズコーヒーがお気に入りとのこと
https://www.oakhouse.jp/blog/supporters/?p=54668


あと浦和駅前のパルコの8階に図書館があります。社会人スペースや書斎席があるので、そこで考えたりすることもあります。

シェアハウス内ではあまり作品作りを進めないのですね。
描くときは自室にあるPCでやりますが、ネタ出しや構想段階では外に出ることが多いです。散歩は健康的だし、いいアイディアが思い浮かぶのでお気に入りです。徒歩40分くらい離れたお気に入りの喫茶店まで行くこともあります。

ラウンジで描くこともあるそうです

自室でも描きます

作業に集中すると部屋が散らかることも多いので、消防点検の際などはいつも焦ります。笑

(参考記事)
https://www.oakhouse.jp/blog/supporters/?p=55906

1日の過ごし方を教えてください。
絶対に朝8時に起きてNHKの朝ドラを見ながら朝ごはんを食べています。朝ドラを見逃したら私の1日は始まらないので、これは絶対です。笑
少しゆっくりして9時くらいから漫画の仕事を開始しています。
部屋で作業する日もあればアイディア出しのために外に出て行く時もあるし、それは日によって違います。塾がある日は4時とか5時くらいから塾に行っています。帰ってくるのが9時とか10時になる日もあります。それで一日が終わります。
締め切り直前だったりすると帰ってきてから作業を行ったりしますけども、そういうところは少し不規則ですね。

浦和の街はどうですか?
とても気に入っています。最近は映画をシェアハウスのメンバーとよく見に行きますね。先日の金曜日は4人くらいでPARCOの6階に映画館に、レイトショーを見に行きました。21時50分開始で、23時55分に終わりました。
考えてみると浦和の生活はPARCOで全てが完結しますね。PARCOがあるのでほとんど電車に乗らない生活になっています。駅直結の蔦屋書店もあるし、本当に便利です。

駅前のPARCOが便利すぎて電車に乗って遠出する必要が無いとか

最寄り駅に映画館があるのはいいですね。
とってもいいです。今ではメンバー登録しているので金曜日の夜は1,000円で見られます。最寄り駅なのでレイトショーも問題なく見られます。内覧したときから気にいっている映画館です。

(内覧時に見たという件についてのブログ)
https://www.oakhouse.jp/blog/supporters/?p=51391

住み心地は良さそうですね。
はい。街はきれいだし、PARCOもあるし、夜も街灯がしっかりついていて明るくて安心です。都会的な面だけでなく、少し足を延ばせば大きな公園もあります。先日は「十二日まち(じゅうにんちまち)」という大規模なお祭りに行ってきました。思っていたより規模が大きくてびっくりしました。

本当に浦和から出ない生活になりそうですね。
そうですね。でも、たまには意識して浦和から電車に乗って出ていくようにはしています。住む前は、家で仕事をするから立地は関係無いと思っていましたが、シェアハウスを勧めてくれた知り合いが「すぐにあちこちに行けることも大切だ。行動しやすい環境に身を置いたほうがいい。いざというときにフットワーク軽くどこにでも行けるよ。」と、アドバイスしてきたので、それにも従って浦和しました。

いろいろ伺わせていただきありがとうございます。本当に楽しんでいますね。
そうですね。今のところは引っ越す予定は全くありません。まだしばらくソーシャルレジデンス浦和の生活を満喫することになりそうです。

ありがとうございました!

(後日談)
インタビュー終了後、スーさんが早速インタビューの様子をネタにしてオークブログを描いてらっしゃいました。今後もスーさんの漫画は要チェックです!

住人インタビュー①
https://www.oakhouse.jp/blog/supporters/?p=56817


住人インタビュー②
https://www.oakhouse.jp/blog/supporters/?p=56915

今回インタビューを受けていただいたスーさんが住むソーシャルレジデンス浦和はこちら
https://www.oakhouse.jp/house/811



インタビュアー:青木(ソーシャルレジデンス西葛西住人)
https://www.oakhouse.jp/special/oakinterview2

「浦和のスー」さんプロフィール
氏 名:浦和のスー(本名非公開)
出身地:愛知県
シェアハウス歴:1年
シェアハウスに住んで、
 得した事:毎日楽しい事
 損した事:テラスハウスと勘違いされる事
ブログの更新頻度:定期的な更新を目指すも、最近は下旬に偏っている。
仕事:わかりやすくて、ほんわか親しみのある絵柄の漫画・イラストを主に書いています。