0

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

タイトル

テキスト

ボタン

注釈

駒込駅の物件一覧

駒込駅の物件1物件19部屋が公開中!

駒込駅はJR東日本の山手線と東京メトロの南北線が乗り入れており、いずれの路線も通勤通学の時間帯を中心に混雑します。周辺には、六義園や旧古川庭園が立地しています。
オークハウスのシェアハウスの家賃相場は、70,158円(2019年9月)と同じ沿線の平均賃料と比較して高くなっています。東京の大動脈とも言える山手線と都心部までダイレクトにアクセス出来る南北線の2線が利用できる、とても便利な立地です。

隣接する駅の物件

王子駅 王子駅の物件一覧

APARTMENT
オークアパートメント王子

オークアパートメント王子

東京メトロ南北線 / 王子 15分

入居条件: 女性 男性 外国人

2名以上入居可部屋有り

  • 駐輪場

¥68,000 - ¥68,000

空室

JR京浜東北線、東京メトロ南北線の2つの路線が利用可能です。都心のどこへ出かけるにも安心できる便利さが魅……

男女比:
女性男性
外国人率:
外国人 日本人
年代:
10〜29歳 30〜49歳 50歳以上

溜池山王駅 溜池山王駅の物件一覧

APARTMENT
グランドコンシェルジュ六本木

グランドコンシェルジュ六本木

東京メトロ南北線 / 六本木一丁目 3分

入居条件: 女性 男性 外国人

2名以上入居可部屋有り

  • 禁煙ハウス

¥220,000 - ¥220,000

満室

新築フルスペックの家具家電付きマンション。六本木一丁目駅、溜池山王駅、赤坂駅、六本木駅の4駅が徒歩10分……

駒込の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥70,158

アパートメント

平均 ¥0

駒込の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

駒込駅は東京都豊島区にあり、JR山手線と東京メトロ南北線が乗り入れる駅です。現在は無くなってしまいましたが、かつては都電の電停もありました。1910年に山手線の駅として開業し1917年には東京市電(現在の都電)の駒込橋電停が開業。1945年には空襲で駅舎が全焼してしまったため、現在の駅舎は戦後に再建されたものです。東京メトロの駅が開業したのは1991年と比較的最近のことで、当時は南北線の始発駅でした。1996年に南北線が四ツ谷まで開業したことで中間駅となっています。山手線の駅は島式ホーム1面2線の地上駅です。改札は東西にそれぞれ1箇所あり、西側の改札は本郷通りに面した北口に、西側の改札はアザレア通りに面した東口に出られるようになっています。一方で東京メトロの駅は島式ホーム1面2線の地下駅で、本郷通りの真下に位置しています。出口も全て本郷通りに面した箇所に出るものが5つあり、4番出口がJRの北口への乗り換えに便利です。近隣にソメイヨシノの発祥の地があることから、東京メトロの駅では発車メロディに「さくらさくら」が採用されています。

見どころ

駒込駅周辺の見どころとして真っ先に上げられるのが「六義園」です。六義園は1702年に完成した庭園で、江戸幕府第五代将軍の徳川綱吉に仕えていた柳澤吉保が造園しました。名前にある「六義」は『古今和歌集』の序章に登場する「むくさ」という言葉に由来しています。また庭園の造りも『古今和歌集』に詠われている和歌の風景を再現したものだと言われています。現在は都立公園として、東京都が管理運営をしており、午前9時から午後5時まで開園しています。(一般入園料は300円。)ツツジの花が特に有名ですが、その他にも枝垂桜や紅葉など様々な見どころがあり、訪れる人の目を楽しませています。2つ目の見どころに挙げられるのは「旧古河庭園」です。1919年に古河虎之助の邸宅として整備されたもので、現在は国有財産となったものを東京都が借り受け、都立公園として管理しています。2006年に国の名勝に指定されており、バラの名所として親しまれているほか、邸宅として使用されていた美しい洋館の建築や、日本庭園も合わせて楽しめる点が魅力的です。

生活スタイル

駒込駅は山手線と南北線の2線利用ができるため、交通アクセスがとても良い立地です。東京、上野、池袋、新宿、渋谷はもちろん、飯田橋、永田町、六本木(六本木一丁目駅)にも乗り換え無しでアクセスできますし、南北線から東急目黒線への直通列車を利用すれば、田園調布や武蔵小杉にもダイレクトにアクセスすることが可能です。駅周辺は都心部から少し外れていることもあって住宅が多く、閑静な住宅街と言った雰囲気です。本郷通り沿いに商店が多いことから日常生活に困ることは無いでしょう。またアゼリア通りやしもふり商店街など地元の商店が集まる通りもあるので、チェーン店とうまく使い分けることで、より良い生活を送ることができそうです。大きな都立公園だけでなく小規模の公園も多いので、家族連れでも生活しやすい環境が整っています。