関西(大阪・兵庫・京都)のシェアハウスもオークハウスが断然お得

0

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

関西のシェアハウス

京都・大阪・兵庫を中心とする関西エリアは、日本の歴史を色濃く残したエリアです。

エリアの概要

関西エリアの代表と言えるのが京都です。長らく天皇が住む御所が置かれていたことや、平安時代に都として栄えたことなどがあり、文化財に指定されている寺社仏閣が非常に多く、日本国内はもちろん、海外からも多くの観光客が訪れる日本有数の観光スポットになっています。関西の中心地と言えるのが大阪です。豊臣秀吉が大阪城を築城し、街作りを行ったことから大きく栄え、江戸時代には「天下の台所」と呼ばれるほど活気を持った商業の中心地となりました。お好み焼きやたこ焼きといった「粉もの」の食文化やお笑いといった地域独特の文化も生み出し、まさに日本の西の顔として機能しています。兵庫は港町の神戸を中心に、異国文化を湛える街として親しまれています。異人館や中華街など日本の海運の玄関口を担っていた痕跡が各所に見られ、訪れる人を楽しませてくれます。新幹線の駅や空港も多く、日本はもちろん海外へのアクセスも便利なエリアで、今後は開催を控える万博の開催地としてもその注目度を高まりそうです。

見どころ

関西エリアの見どころはやはり「歴史と現在の混在」ではないでしょうか。京都府は2016年に建造物の国宝の数が全国1位になりました。清水寺本堂、南禅寺、銀閣寺、二条城など、だれもが知る寺社仏閣が名を連ねています。大阪府では長年シンボルとして親しまれている大阪城や、令和初の世界遺産となった百舌鳥・古市古墳群といった歴史的なみどころに加えて、日本で最も高いビルであるあべのハルカスやジンベエザメで有名な海遊館、日本有数のテーマパークとして知られるユニバーサル・スタジオ・ジャパンなど、数多くの見どころがあります。兵庫県では神戸市内の北野異人館や南京町といった異国情緒を味わうことができるスポットに加えて、ポートタワーや阪神・淡路大震災後に始まった神戸ルミナリエなど夜景の美しさを楽しめるスポットも豊富です。

生活スタイル

関西エリアに在住の方に多いのは、主に京都市、大阪市、神戸市などにある会社に勤務し、郊外に住居を構えるというスタイルです。京都市、大阪市、神戸市はどれも政令市であり、多くの企業が本社を構える一大商業圏でもあります。そのため中心市街地にはオフィス街や商業施設が多く、住居は決して多くありません。その為これらのエリアに通勤している人の多くは、JRや阪神、阪急、近鉄、京阪、地下鉄、モノレールなどの鉄道網が利用できる郊外のベッドタウンに家族で居住するということが多くなっています。関西エリアは関東にも負けないほど公共交通機関が便利で、県や府を跨いでの通勤通学も決して珍しくはありません。それは休日のお出かけにおいても同様で、京都、大阪、兵庫だけでなく、奈良や和歌山など近隣の府県を跨いだ往来がとても多くなっています。