流鉄流山線のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

流鉄流山線の物件一覧

流鉄流山線の物件1物件35部屋が公開中!

流鉄流山線は千葉県松戸市と流山市を走る路線で、全6駅で構成されています。


流鉄流山線の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥0

アパートメント

平均 ¥55,143

流鉄流山線の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

流鉄が運営する唯一の路線として機能していて、路線の総距離は5.7kmと短めですが、開業は1916年なので100年以上地元で愛されています。列車は基本的に2両編成であり、単線の鉄道です。以前は総武流山線と呼ばれていましたが、通称読みが一般化したため現在の路線名に変更がなされました。馬橋駅と流山駅が始発と終着の駅で、馬橋駅と幸谷駅でJRに乗り換えることができます。(両駅とも常磐線が通り、幸谷駅は武蔵野線も通る。) 非常にシンプルな運行形態を採用しており、始発駅と終着駅を常に行き来する形で、ワンマン体制を導入しています。駅数が少ないため全駅乗車しても11分程度と短く、地元住民も気軽に乗ることが可能です。乗降客は徐々に減少している現状ですが、地方自治体と具体的な活性化を探っているので近い将来注目度が高まるかもしれません。

見どころ

流鉄流山線は路線距離こそ短いものの沿線エリアには複数の見どころスポットがあります。流山駅の近くには近藤勇陣屋跡があり、特に新撰組が好きの人にとっては特別な場所です。流山は彼が自首をした場所として語り継がれ、この陣屋の跡は今でも当時の面影を見せてくれます。中に入ることはできませんが、石碑や案内板が設けられており、当時の暮らしぶりを垣間見ることが可能です。 また馬橋駅近くには萬満寺があります。ここは1256年に創建された長い歴史を有するお寺です。鎌倉時代に作られた金剛力士像は国の重要文化財に指定されており、千葉県内でも比較的有名なお寺です。明治時代に火事になりましたが、昭和末期に新しい本堂が完成し今ではその美しい姿を見ることができます。国の重要文化財以外にも複数の像が松戸市指定有形文化財に指定されています。1月と8月に行われる供養に関する行事はすでに習わしとなり地元住民の心のよりどころとなっています。

生活スタイル

流鉄流山線沿線エリアは東京23区に近い距離にあり鉄道の活用次第では、すぐに都内に出ることが出来ます。この沿線エリアに関してはかなり地方色が強く出ていますが、東京で働く、学ぶために上京した人が住むのに適した場所です。大都会とは違い買い物に便利なスーパーも数多くあり、その他商店街や価格が魅力的なお店もたくさんあります。いたるところに公園が整備されていて、それ以外にも山や川など大自然に囲まれた生活スタイルが期待できます。子供連れのファミリー世帯には人気があり、賃貸物件の家賃相場もそれほど高くありません。 特に松戸市は商業施設や娯楽施設が豊富で、駅前の他にも郊外部分にも大規模ショップが多数林立しています。あらゆるお店や環境が揃っていて、希望する生活スタイルの実現ができそうです。幸谷駅と鰭ヶ崎駅近くには大学のキャンパスがあり若者向けのサービスが特徴的な飲食店がたくさんあります。全部で6駅ですが選ぶ駅により様々な楽しみが生まれるでしょう。