新京成電鉄線のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

新京成電鉄線の物件一覧

新京成電鉄線の物件1物件12部屋が公開中!

新京成電鉄線(新京成線)は千葉県の松戸市と鎌ケ谷市、船橋市、習志野市を走る路線で、全24駅から構成されています。


新京成電鉄線の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥0

アパートメント

平均 ¥55,583

新京成電鉄線の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

路線の総距離は26.5kmで、開業は1947年にさかのぼります。松戸と京成津田沼を直線的に結ぶのではなく新鎌ヶ谷などを経由する形で少々右に膨れる形が特徴です。24駅と駅数は比較的多いものの各駅停車の運行形態のみを採用していて、約3分の1の駅は7時から22時以外は無人駅となります。直通列車を活用することにより、京成千葉線の千葉中央駅まで乗り入れられます。松戸駅、八柱駅、新鎌ケ谷駅、北習志野駅、新津田沼駅、京成津田沼駅で他路線への乗り換えができます。 近い将来には一部エリアにおいて高架化などが行われる予定です。直通運転列車を活用することで千葉中央駅まで乗り換えなく行くことができる点は新京成電鉄線の魅力です。

見どころ

京成津田沼駅の間近に「菊田神社」があり、ここは大己貴大神、藤原時平命を祭神としています。歴史はかなり古く800年代前半に創建されました。以前は久々田大明神と呼ばれていた時期もありました。しかし江戸時代に現在の菊田神社という名称に変わり、今では千葉県を代表する顕彰規範神社に指定されている、おすすめの見どころです。毎年3月中旬に阿波様という非常に大きな行事が開催され、これは病気を防ぐためにはじまりました。定められた言葉を唱えながら練り歩き、健康を祈願するというものです。 そして滝不動駅の側には「御滝山金蔵寺」があります。ここは滝不動尊として有名です。吉橋大師八十八ヶ所巡りのお寺に指定されていて第58番目の札所です。ですから訪れる人も1年中大勢います。敷地内には滝が流れていますが、もともとは1847年に作られ、今ある滝は1979年にできた新しい滝です。御滝信仰があり、その様子を描いた歴史ある絵で当時の様子を垣間見ることが出来ます。滝の他にも不動堂も見どころ満載で、歴史ある厳かな雰囲気を実感できるでしょう。

生活スタイル

新京成電鉄線は24の駅で構成されていて、地域ごとに多少の生活スタイルの差が生じてきます。しかしいずれも東京のベッドタウンとして栄えているエリアで、大型ショッピングモールなどが沿線周辺に多数存在しています。駅の近くには商店街があるケースも多く、さらに品揃えの豊富な大型スーパーも多数見られます。日々の買い物や日常的な用事で困ることは非常に少なく、子供向けの遊戯施設や保育園や幼稚園もたくさん用意されています。 賃貸物件の家賃は習志野周辺であれば多少高いものの、その他の地域はコストパフォーマンスにも優れています。乗り換えや直通列車の使用により休日のお出かけも楽に行えそうです。新京成電鉄線の沿線は「東京まですぐの距離が良いけれど、家賃を抑えてゆったり暮らしたい」と願う人にぴったりのエリアです。ビジネスマンや旅行客をターゲットとした地域ではなく在住者にやさしいところばかりなので安心して移住できそうです。