東急目黒線のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

東急目黒線の物件一覧

東急目黒線の物件8物件113部屋が公開中!

東急目黒線は東京都品川区の目黒駅と神奈川県横浜市港北区の日吉駅を結ぶ路線です。


東急目黒線の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥64,393

アパートメント

平均 ¥81,391

東急目黒線の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

路線距離は11.9キロで、駅数は全部で13あります。日吉駅から田園調布駅までは東横線と並走します。ほとんどは道路との立体交差化が行われていて、踏切は全部で7箇所しかありません。全ての駅にホームドアが設置されており、運転士が列車の全ての操作とホームドアの開閉を行うワンマン運転が行われています。名称は目黒線ですが目黒区を走行する区間は短く、駅は洗足駅のみです。目黒駅から地下鉄線への相互直通運転を実施しており、東京メトロ南北線・埼玉高速鉄道に乗り入れる列車と都営地下鉄三田線に乗り入れる列車の2種類があります。実は目黒線は2000年まで「目蒲線」という名称で、目黒駅から蒲田駅までを結んでいました。しかし東横線の複々線化に伴い、目蒲線の多摩川駅を境に分割した上で、目黒側の列車が東横線の複々線部分を武蔵小杉駅まで走るかたちの路線として誕生しました。一方、多摩川駅から蒲田駅間は「東急多摩川線」として運転されるようになりました。その後、2008年6月22日、武蔵小杉駅から日吉駅まで延伸開業したことで現在の運行形態になりました。将来的には相鉄線との直通運転も行われる予定で、現在そのための工事が進んでいます。

見どころ

東急目黒線沿線の見どころとして最初に挙げられるのは、お花見人気スポットランキングでは全国一位に輝いている「目黒川」の桜まつりです。目黒川に沿って約4キロの桜並木がのびており、春になると約800本のソメイヨシノが綺麗な花を咲かせます。周辺では桜の開花時期に併せて多くのイベントが開かれ、賑わいを見せます。おしゃれなカフェ、美味しい食事処も立ち並んでいるので、桜の時期以外でも散策が楽しめるスポットです。多摩川駅近くの「多摩川台公園」もおすすめしたい見どころの一つです。多摩川に沿って伸びる丘陵地に約750メートルにわたって展開しています。面積は67,154平方メートルと広大で、自然林の道や古墳、展望台、水生植物園、四季の野草園、あじさい園、山野草のみち、3つの広場など多くのみどころがあります。また、亀甲山古墳、宝莱山古墳をはじめとする多摩川古墳群の散策や、桜、あじさい、ホタルブクロ、彼岸花など四季折々の花も楽しめるため、季節を問わず家族連れなどで賑わいます。

生活スタイル

都心近くの目黒駅から神奈川県にかけて走る路線のため、東京の都心部からは少し距離があり、そのため沿線の物件数は比較的豊富で、家賃相場も比較的落ち着いています。一方で田園調布や武蔵小杉といった人気エリアを通っているので、並行して走る東横線よりも混雑率が高い区間もあり、通勤通学での利用にはこうした事情を把握しておく必要があります。駅周辺は適度に整備されており、生活用品を扱うスーパーなど多いので、生活水準は高く保てるエリアです。また、直通運転をしている東京メトロ南北線や都営地下鉄三田線を利用すれば、大手町、日比谷、三田、永田町といった都心のオフィス街にも乗換なしで通勤が出来るので、とても便利です。