秋葉原駅のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

秋葉原駅の物件一覧

秋葉原駅の物件2物件27部屋が公開中!

秋葉原駅には、JR山手線、JR京浜東北線、JR総武線各駅停車、東京メトロ日比谷線、つくばエクスプレス線が乗り入れ、通勤通学の時間帯は非常に込み合います。しかし、つくばエクスプレス線は始発駅となっているため、時間帯よっては座席を確保することも可能です。周辺にはヨドバシAkibaや秋葉原アトレ1が立地しています。賃料の相場は、52,444円と東京都の平均賃料と比較して安く、駅周辺に多くの電機店やサブカルチャ―の店が林立しているため、ファンにはたまらないエリアです。また東京東京駅や上野駅まで乗換無しでアクセスできるというメリットがあるので、新幹線などを使って遠方に出かけることが多い人にとっても便利なエリアです。


秋葉原の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥52,407

アパートメント

平均 ¥0

秋葉原の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

秋葉原駅は、東京都千代田区にある、JR東日本、東京メトロ、つくばエクスプレスの駅です。計5路線が乗り入れ、東京都の北東部や千葉・茨城方面へのターミナル駅になっています。駅が開設されたのは1890年(明治23年)と歴史は古いのですが、当初は貨物線の駅で、秋葉原貨物取扱所と呼ばれていました。その後35年間は貨物の専用駅として利用され、旅客駅としての営業の開始は1925年(大正14年)に東北本線の上野〜東京間が高架線として開通したタイミングでした。同じタイミングで総武本線御茶ノ水〜両国間が開通し、現在の形に近い役の構造になりましたが、1975年2月1日に当駅での貨物営業が廃止されるまでは貨物と旅客の併用駅として、物流の拠点としても機能していました。廃止後の貨物駅は西半分が東北新幹線工事のために撤去され、東半分は上野駅発着列車の留置線として転用されました。残りの部分や運輸会社の倉庫地区は解体され、更地となっていましたが、旧倉庫地区はヨドバシカメラに売却され2005年にヨドバシAkibaが開店し、貨物駅跡はつくばエクスプレス開業に合わせて中央改札口、駅前広場として整備され、現在の駅の形が作られました。

見どころ

秋葉原駅周辺の見どころといえば、やはり電気街とサブカルチャーです。もともとは進駐軍からガラクタを買い取り、それを修理して売る露店が秋葉原周辺に乱立したことから定着したのが電気街の始まりだそうですが、当時はラジオの部品を扱うお店が多く、その名残で現在でも「○○無線」という店名が多く残っています。1980年代に入り、「ファミコン」に代表される家庭用のゲーム機が普及し始めると、電気街の各店舗ではゲームソフトの取り扱いが増え、一般の電機店からゲームの専門店に鞍替えする店が出始めました。これがサブカルチャーの街「アキバ」の誕生のきっかけです。その後、1990年代に入るとゲーム、アニメ、同人誌といった文化の成長はパソコンやインターネットの普及とともに加速し、秋葉原にはサブカルチャーを大々的に扱う店舗が増えていきました。現在でもドスパラやTSUKUMOといった自作パソコンで有名な店舗や、アニメイトなどのアニメショップが立ち並び、電機やサブカルチャーのファンはもちろん、海外からの旅行者も多く訪れる観光名所となっています。

生活スタイル

千代田区かつ山手線沿線という立地なので近隣の賃貸物件の家賃相場は当然高めです。また駅の近くはオフィスや商業施設用のビルが多く、住宅自体が少なくなっています。駅東側にある昭和通りを渡ると物件の数も増え、家賃相場も落ち着くので、秋葉原駅の近くに住むならそのエリアを中心に物件の探すのがおすすめです。駅周辺にはカフェ、ファストフード店、レストランから、バー、居酒屋に至るまで多くの飲食店があるので、外食中心の生活をしている人にとっては環境が良いと言えます。また駅内にはJRの駅内には成城石井があるため、日常的な買い物は駅の中で可能です。