花小金井駅のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

花小金井駅の物件一覧

花小金井駅の物件1物件102部屋が公開中!

花小金井駅は、西武鉄道新宿線が乗り入れる駅で、通勤時間帯は乗客でごった返しています。周辺には、東京都立小金井公園や江戸東京たてもの園が立地しています。シェアハウスの賃料相場は、約50,000円と同じ沿線の平均賃料と比較してほぼ同じです。大型スーパーや商店街など買い物施設が豊富な点は大きなメリットです。また、たくさんの自然があり、駅から少し歩くと複数の公園があるので、子育て世代にも人気のエリアになっています。


花小金井の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥51,088

アパートメント

平均 ¥0

花小金井の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

花小金井駅は東京都小平市にあり、西武新宿線が走る駅です。1927年に開業し、1974年に跨線橋が使用され始めました。1998年には南口も新しく誕生し、同年に橋上駅舎の使用も行われはじめました。1面2線のホーム形態ですが、各駅停車の他にも、準急や急行列車も停車するため、駅の規模はそれほど小さくはありません。ホームと改札階は階段の他に、エレベーターやエスカレーターで結ばれており、改札階と北口、南口にも階段の他にもエレベーターとエスカレーターが設置されていて、車椅子に乗った人でも利用しやすいような工夫がなされています。改札内にあるトイレは、車椅子にも対応しているのが特徴です。1日あたりの乗降客数は5万6,000人程度と徐々に増えてきており、西武鉄道の所有するすべての駅の中でも10位台にランクインしています。東京都立小金井公園の最寄り駅としても知られ、来園者が花小金井駅を利用することも多いです。

見どころ

花小金井駅の周辺には東京都立小金井公園や江戸東京たてもの園などがあります。小金井公園は野生の鳥を観察することができるスポットがあり、それぞれの季節によって見られる野鳥の種類が異なります。イカル、ジョウビタキをはじめとした40種類以上の鳥が訪れ、バードウォッチングを趣味にしている人にとっては絶好の場所です。全体的に自然が豊富で、様々な種類の木々が存在し、名木・大木も小金井公園の魅力のひとつです。わんぱく広場やこどもの広場、SL展示場などもあり、天気の良い日に訪れるとすてきな1日が送れます。江戸東京たてもの園は小金井公園の敷地の中に位置し、墨田区の東京都江戸東京博物館の分館になっています。江戸時代から昭和時代にかけての建築物を移築復元する形で展示し、それぞれの時代の建物を今に伝えています。日本的な家屋のみならずヨーロッパ風の家屋や穀物倉庫、門なども復元されており、全部で40程度の貴重な建築物が建ち並んでいます。

生活スタイル

花小金井駅の周りは利用しやすい規模の大きなスーパーなどもあるので毎日の食料品購入で困ることはありません。北口方面にも南口方面にもスーパーがあり、徒歩圏内に100円ショップやドラッグストアも立地しています。また駅周辺にある花小金井商栄会にはファッションショップや飲食店、生鮮食品、雑貨や日用品を販売しているお店があり、さらに各種サービス店やクリニックなども軒を連ねています。大型スーパーだけではなく、個人店も利用可能なので、様々な買い物パターンを作ることが可能です。駅から少し離れるとたくさんの自然があり、小金井公園は代表的な存在です。大きな公園もあるため小さな子どもを連れて遊ぶこともできますし、基本的にこのエリアは良好な治安を保っています。一人暮らし世帯以上にファミリー世帯の在住が目立ち、都心部のベッドタウンとして機能しています。