保土ケ谷駅のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

保土ケ谷駅の物件一覧

保土ケ谷駅の物件3物件132部屋が公開中!

保土ケ谷駅は、JR横須賀線、JR湘南新宿ラインが乗り入れている駅で、朝夕のラッシュ時は多くの利用客で混み合います。周辺には、横浜ビジネスパークや清水ケ丘公園が存在しています。シェアハウスの賃料の相場は53,000円と横浜市の平均賃料と比較して安いうえ、都心部に近い割に治安がよく、安心感をもって暮らせると評判です。また横浜駅まで電車で3分(1駅)というアクセスの良さもひとつの魅力です。


保土ケ谷の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥52,458

アパートメント

平均 ¥74,000

保土ケ谷の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

保土ケ谷駅は横浜市保土ケ谷区にある駅で、JR横須賀線、JR湘南新宿ラインが走っています。2路線が走っていますが、同じ線路を走る路線のため、ホームはのぼりとくだりそれぞれ1本ずつです。1日の平均乗車人員数は約33,000人で、この人数は年々少しずつ増えています。1番線からは横須賀線(快速)と湘南新宿ラインの東京方面行き列車に、2番線からは横須賀線の横須賀方面行き列車に乗車することができます。駅には東口と西口があり、それぞれにバス乗り場が設置されていて複数のバス事業者による路線バスが乗り入れています。保土ケ谷駅の歴史は古く、開業は1887年(明治20年)に遡ります。開業当時の駅名は「程ケ谷駅」で、現在の駅名に改称されたのは昭和6年のことです。2007年には改札とホームの間にエレベーターが設置され、その翌年にはもともと設けられていた上りエスカレーターに加えて下りのエスカレーターも設置されました。こうした設備の充実で、ベビーカーを利用するファミリーや高齢者にとっても利用しやすい駅になっています。

見どころ

保土ケ谷駅周辺には「横浜ビジネスパーク」や「清水ケ丘公園」があり、見どころとして多くの人が訪れています。「横浜ビジネスパーク」はオフィスビル、にレストラン、スポーツセンター、公園で構成されているビジネスセンターで、大小10棟の建物が中央の公園「ベリーニの丘」を囲むような形になっています。日中は多くのオフィス勤務者のほか、近所の住民らが公園内を散策するなど、労働の場と憩いの場を合わせた施設です。景観が良いことから、ドラマや映画、特撮番組などのロケーション撮影によく使用されることも多く、フリーマーケットや区民の絵画展など地域住民向けの催しも行われています。「清水ケ丘公園」は横浜国立大学の移転跡地に作られた大規模な公園で、2つある体育館の他に、温水プール、6面のテニスコートなど、その他にも様々な設備が備えられています。特に地元の住民が休日に家族連れで利用することが多く、保土ケ谷駅周辺を代表する癒しポイントとして活用されています。また公園内にはたくさんのソメイヨシノが植えられていて、桜の季節になると美しい花が咲き誇ります。

生活スタイル

保土ケ谷駅は横浜駅の隣駅ということもあり、交通の利便性はとても高いエリアです。また都心部が近い割に治安も良いので、ファミリー層にとっても住みやすいエリアだと評判です。生活必需品の購入ができるスーパーやドラッグストアも揃っているので生活面での利便性も高く、地元では手に入らないものでも一駅先の横浜駅周辺で殆どのものを買い揃えることが可能です。東京都心部へも横須賀線や湘南新宿ラインを利用するか、横浜駅から東急線を利用することで用意にアクセスできるため、通勤や通学にも便利なエリアです。近くには大きな公園もあるので、子育他の環境としてもおすすめで、勤め先が横浜駅周辺や都心部の家族連れにとってはおすすめのエリアです。