下北沢駅のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

下北沢駅の物件一覧

下北沢駅の物件2物件29部屋が公開中!

下北沢駅は、小田急電鉄小田原線と京王電鉄井の頭線が乗り入れる駅で、ラッシュ時には非常に混み合います。周辺には北沢八幡宮や本多劇場が立地しています。シェアハウスの賃料の相場は、約70,000円とオークハウスの同じ沿線の平均賃料と比較して高いですが、渋谷駅や新宿駅に乗り換え無しでアクセスできる交通の便利さは魅力的です。またスーパーや飲食店が多く、日常的な買い物にもとても便利です。


下北沢の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥73,207

アパートメント

平均 ¥0

下北沢の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

下北沢駅は東京都世田谷区にあり、小田急電鉄と京王電鉄の路線が走っています。小田急電鉄は小田原線が、京王電鉄は井の頭線が行き来し、1日の乗降客数は11万5,000人程を記録しています。1990年頃をピークに徐々に乗降客数は減少していますが、京王電鉄の駅別乗降客数は常に上位にランクインしています。1927年に当時の小田原急行鉄道の駅として開業したのが歴史のはじまりで、現在の京王井の頭線の元となる帝都電鉄帝都線も昭和初期に開業しており、路線名の変更や企業名の改称を経て今に至ります。下北沢駅の構造は小田原線と井の頭線が立体交差する形で存在しており、小田急線の駅は地下に作られていますが、京王線の駅は地上(高架駅)に作られているのも特徴です。小田原線は1番ホームから4番ホームまで存在し、対して井の頭線はホームが1番と2番の2つのみとなっています。

見どころ

下北沢駅周辺には「北沢八幡宮」や「本多劇場」などがあります。北沢八幡宮は北澤八幡神社とも呼ばれ、立派な本殿や神楽殿、円海稲荷社、弁天社、愛宕稲荷社などがあります。今見ることができる社殿は1852年に再建したものです。東京23区内とは思えないようなのんびりとした雰囲気の中存在しており、地元住民がウォーキングの際などにも気軽に立ち寄る姿が見られます。主祭神がかなり多い点も特徴で、応神天皇、比売神、神功皇后、仁徳天皇がまつられています。年に1度9月に大きなお祭りが催され、宵宮と本祭の日には盛り上がりを見せています。本多劇場は本多劇場グループのひとつであり、下北沢駅から歩いて2分の距離に立地しています。1982年の開場から多数の作品が上演され、 TEAM 発砲・B・ZIN による「オス!」、日本総合悲劇協会による「ドライブイン カリフォルニア」などたくさんの作品がここで誕生しています。下北沢は演劇の街と言われることもありますが、本多劇場はその代名詞的存在です。

生活スタイル

下北沢駅の周辺は独身の若者に人気があります。渋谷駅や新宿駅に乗り換え無しで行くことができ、東京駅にも30分以内でたどり着けます。都心部で働いている人や学校が23区の中心部にある人にとっても通いやすく、通勤や通学が苦になることはありません。 駅の周りには大手チェーンのスーパーがたくさんあり、中には24時間営業のお店もあります。若者がこぞって集まるエリアということもあり居酒屋やファストフードに関する飲食店が数多く、自炊をしない若者も不便を感じることはありません。ドラッグストアや100円ショップも駅からすぐの場所にありますし、毎日の暮らしで必要なものは下北沢駅周辺で揃えることが可能です。小田急電鉄や京王電鉄のその他の駅に比べると観光スポット的な意味合いも強く、上京した人や旅行者がたくさん訪れていて賑わいを見せています。 ただ、駅から少し離れると落ち着いた雰囲気が漂う住宅街が現れ、のんびり気分を味わうことも可能で、賑わいと静けさの両面を取り入れた生活スタイルの実現も期待できます。