新川崎駅のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

新川崎駅の物件一覧

新川崎駅の物件2物件3部屋が公開中!

新川崎駅は、JR横須賀線、JR湘南新宿ラインが乗り入れる駅で、通勤時はとても混雑します。周辺には、夢見ヶ崎動物公園や鹿島大神が立地しています。オークハウスのアパートの賃料の相場は、約70,000円と同じ沿線の平均賃料と比較して安くなっています。横浜駅まで1駅のため、交通の便がとてもいいのが魅力です。また近年このエリアには様々な店舗が増えており、より暮らしやすくなっている点も嬉しいポイントです。


新川崎の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥0

アパートメント

平均 ¥71,000

新川崎の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

新川崎駅は川崎市幸区にある、JR横須賀線とJR湘南新宿ラインが乗り入れる駅です。開業は1980年と比較的新しい駅です。設置が決定された当時、付近の地名と南武線の最寄り駅を元に、駅名を「新鹿島田」とする案がありましたが、どこにあるのか分かりづらいという意見などもあったため、新川崎駅となりました。駅誕生当時は「新川崎」という地名はありませんでしたが、2007年に住居表示の実施に伴う町名変更で、隣接する小倉地区の一部が「新川崎」という地名になりました。ホームは1面2線で、1番線は上り列車が、2番線は下りの列車が発着します。一日の平均乗車人数は約27,000人で、20年前に比べると約6,000人も増加しています。駅の周りにある複数のバス乗り場からは川崎市交通局や川崎鶴見臨港バスが運行する路線にも乗車することができ、複数の交通機関を組み合わせたアクセスが便利です。改札内にはキヨスクが、改札の外にはNEWDAYSがあります。特急列車などの停車はない駅なのでが、なぜか崎陽軒のシウマイ弁当をはじめとする駅弁の販売が行われています。

見どころ

新川崎駅周辺は「新川崎・創造のもり」構想のおかげで急激に開発がなされていて、いろいろな見どころがあります。 川崎市が運営している「夢見ヶ崎動物公園」には、世界各地の動物がいますが、基本的には小さな動物が多く小さな子供に人気があります。何よりの特徴は入園料が無料で開放されていることです。1年中運営しているので、思い立った時に訪れることができる点も魅力です。動物がいるだけではなくて公園として整備されている場所があり、桜のシーズンには花見を行う人たちも見られます。休日の家族サービスにもおすすめ、何度訪れても飽きることはありません。駅からとても近い見どころに「鹿島大神」があります。御祭神は武甕槌神(タケミカヅチノカミ)で歳旦祭、例祭、大祓といった祭礼が行われています。発展してきている新川崎エリアの中でもこの神社の中は静かで、時が止まったような感覚を得られるでしょう。新川崎駅の近くにある見どころの中でもこれらのスポットは特別であり、他の地域から訪れる人もいるほどです。

生活スタイル

新川崎駅の駅の周りはすでに開発されていて賑わいもありますが、少し離れると閑静な住宅街が広がります。とにかくスーパーや飲食店の数が多いので毎日の生活に困ることはないでしょう。複合施設の中には100円ショップや利便性の高いファストフード店などが出店し、治安も比較的良好です。昔ながらの住宅街と開発された高層マンションが合わさっている町並みが特徴で、現在も大きなマンションの建設が続いています。同じ新川崎駅付近でも、エリアによって多少の違いが見られるので、自身の生活スタイルに合わせた場所選びができるとより安心して生活しやすくなります。食料品や惣菜類の買い物がしやすく、独身世帯にも人気が出始めていますが、居住者の中心はファミリー層です。