田無駅のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

田無駅の物件一覧

田無駅の物件1物件59部屋が公開中!

田無駅は、西武鉄道新宿線が乗り入れる駅で、平日の朝や夕方、夜の時間帯は混雑する傾向にあります。周辺には田無神社、遍立寺などが立地しています。オークハウスのシェアハウスの賃料相場は約46,000円とオークハウスの同じ地域のシェアハウスの平均賃料と比較して安くなっています。商店街を含めスーパーやその他のお店が北口を中心にひしめいており利便性が優れています。南西方向にある小金井公園の他にもいろいろな癒しスポットがあるためおすすめです。


田無の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥46,373

アパートメント

平均 ¥0

田無の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

田無駅は東京都西東京市にあり、西武新宿線が走る駅です。1927年に駅が開業し、1960年代にホームの形態が現在の2面3線に変更されました。1962年に駅舎が橋上化し、1990年代には大規模な工事が行われ、1999年に新しい駅舎が誕生しました。時代の流れを意識したバリアフリー設備が整備されており、2つのホームと改札階は階段の他にエレベーターやエスカレーターで結ばれ、改札階と出口はエレベーターやエスカレーター、階段でも結ばれています。設置されているトイレには車椅子の人でも利用しやすいタイプのものも設けられ、快適に利用することが出来ます。停車する電車は各駅停車や準急に加え、急行、通勤急行と多種多様で、新宿方面に通勤や通学をする人たちにとっては欠かせません。1日あたりの乗降客数は7万5,000人程度であり、1、2番線は上り方面、3、4番線は下り方面となります。

見どころ

田無駅の周りには大手銀行や複合商業施設、大学をはじめとする学校などが建ち並んでいます。見どころスポットとして挙げられるのは駅から500m程度のところにある「田無神社」、「遍立寺」などです。「田無神社」は主祭神がとても多く大国主命、須佐之男命、猿田彦命など、他にも様々います。(創建当時の祭神は龍神)創建された具体的な時期はわかっていませんが正応年間だという説が濃厚で、当初は尉殿大権現と呼ばれていました。江戸時代以降は様々な出来事に巻き込まれる形で何度か分祀などがなされ、明治に入ってその他の神社を合祀する形で田無神社という名称に変更されました。東日本大震災により被害を受けましたが、2013年には無事復興がなされ今に至ります。「遍立寺」は山号が朝倉山、院号が一乗院というお寺で、阿弥陀如来像が本尊となります。山号や院号からもわかりますが、越前朝倉氏の血をひく朝倉信景が創建しました。境内は非常に自然が多くて静かなたたずまいをしており、新青梅街道沿いにありアクセスしやすいです。

生活スタイル

田無駅エリアは北口と南口では多少雰囲気が異なっています。北口付近はお店も多く栄えていて、南口側は平成初頭や昭和後期などの懐かしい雰囲気が漂います。駅近くにはスーパーがいくつかあり、ドラッグストアや100円ショップも徒歩圏内にあるので便利です。近くには商店街があります。お店選びをしっかりと行えば節約生活を送ることも可能です。急行や通勤急行も停車するので新宿やその他の都心部エリアへのアクセスも容易ですし、急がない際にはあえて各駅停車などに乗車するといった工夫も行いやすいです。平日は田無駅周辺で買い物を行い、休日は新宿まで出向くという生活スタイルも成り立ちます。治安が良好な点も住むに当たっては大きなプラス材料ですし、一人暮らし世帯やファミリー世帯も安心して暮らせそうです。駅から南西方向に歩けば規模の大きな小金井公園にも行けますし、そのほかのエリアにも大小様々な公園が立地しています。