早稲田(メトロ)駅のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

早稲田(メトロ)駅の物件一覧

早稲田(メトロ)駅の物件1物件44部屋が公開中!

早稲田駅は東京メトロ東西線が乗り入れる駅で、高田馬場駅から早稲田駅の間は非常に混雑し、2017年は128%を記録しています。周辺には、龍善寺や宗参寺などが立地しております。オークハウスのシェアハウスの賃料相場は(2019年2月時点)約51,000円と同じ沿線の平均賃料と比較して安く、新宿駅や渋谷駅、池袋駅にも行きやすく電車移動が楽です。単身者向けのマンションが多いため自分に合った物件探しもそれほど苦労しません。

早稲田(メトロ)の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥51,068

アパートメント

平均 ¥0

早稲田(メトロ)の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

早稲田駅は東京都新宿区にあり、東京メトロ東西線が走る駅です。1964年に誕生し、ホームは相対式の2面2線形態であり、1番線は西船橋・津田沼・東葉勝田台方面、2番線は高田馬場・中野・三鷹方面となります。出口は西船橋方面に1ヶ所、中野方面に3ヶ所あり、一番出口と3番出口の近くに地上へのエレベーターが設置されています。1日あたりの乗降客数は2017年には82,370人であり、一時期減少したものの最近はかなり増加傾向にあります。ここ10年ほどで約1万2,000人の乗降客数が増えています。早稲田大学に近いため通学の際に学生が多数利用している点も特徴です。エレベーターによる1ルートには対応していませんが、階段昇降機が設置され、改札外に車椅子対応トイレや乳幼児用設備、オストメイトが設けられています。

見どころ

早稲田駅の周辺には、龍善寺や宗参寺といった寺院や神社が数多くあります。龍善寺は早稲田駅から100mほどの場所にあって、非常に立派で大きな建物が目を引きます。江戸時代初期の1638年に創建され、本尊は阿弥陀如来像です。2011年には新本堂が完成し、圧倒的な大きさを誇ります。300人が入ることができる客殿も備わり、外には枝垂れ桜の木が植わっています。数々のメディアで紹介されることが多く、独自の相続ポイント還元制度や世界の子供にワクチンを届けるためのサポートも行っています。一般的な寺院とは一線を画していて、それは厳かで美しい外観や建物の中を見ればわかります。宗参寺は1543年に亡くなった牛込重行のお墓を息子が作ったことにはじまり、翌年の1544年に創建されました。国の史跡に指定されている江戸時代に活躍した山鹿素行のお墓がある点も特徴で、そして牛込氏墓は東京都の史跡に指定されています。本尊は釈迦如来で、正式な寺院の名前は雲居山宗参寺になります。他にも江戸時代以降に誕生した寺院などが早稲田地域にたくさんあります。

生活スタイル

早稲田駅の周辺にはイトーヨーカ堂食品館をはじめとするスーパーが林立していて、食料品の買い物で不便はなさそうです。ドラッグストアも数多くあり、100円ショップもダイソーやキャンドゥがあります。大学生が多いエリアなので低価格がウリの飲食店も見られ、住みやすいです。ファミリー世帯も暮らしていますが、学生や社会人の一人暮らしの人たちにもおすすめのエリアで、気になる治安面も比較的良好です。中野駅までは10分弱でアクセスでき、新宿駅や渋谷駅、池袋駅、東京駅には10分台で行くことができるので、用事があるときにもとても便利です。近くに新宿エリアや池袋エリアがあるものの全体的に自然が多くあり、大きな公園も少し歩けばあります。単身者向けのマンションか次々と建築されているため、探せば自分好みの物件を見つけることも可能です。人通りも多いのですが、駅から少し歩けば閑静な住宅街も広がっています。