東京都昭島市のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

昭島市の物件一覧

昭島市の物件1物件150部屋が公開中!

東京都昭島市の概要や見どころ、生活スタイルについて紹介します。


昭島市の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥41,642

アパートメント

平均 ¥0

昭島市の入居者属性グラフ

概要

東京都昭島市は東京都西部に位置する市で、都心からの距離は約35キロメートルです。市の東部は立川市、北部は福生市、南部は八王子市と日野市に接しています。鉄道路線が4つ通っていて、市内を横断して延びているJR青梅線が鉄道移動の中心を担っています。市の北部には大規模な工場が多く立地し、市の税収を支えています。市街地は小さく、商業が盛んなのは郊外で、青梅線や八王子武蔵村山線、国道16号線沿線に多くの商業施設が集まっています。市の北部には、旧立川飛行場と立川基地跡地の一部を整備して造られた国営昭和記念公園があり、市民の憩いの場として活用されています。国営昭和記念公園の周辺には玉川上水も流れ、上水沿いに植えられたヤマザクラが春になると咲き誇ります。

見どころ

東京都昭島市の見どころは市の北部に集中していて、特に、玉川上水周辺の景観と国営昭和記念公園が市の歴史を物語っています。玉川上水は江戸時代初期に造られた43キロメートルにも及ぶ上水路で、江戸時代でも最大級の規模を誇りました。飲み水や生活用水を確保するためという実利的な面だけではなく、玉川上水沿いに植えられたヤマザクラなどの木々が、昭島市の美しい景観を形作っています。国営昭和記念公園は、旧立川飛行場と立川基地跡地を整備して造られた歴史を持ち、首都圏最大級のレジャープールが所在するため、市の内外から多くの集客があります。レジャープール以外にも日本庭園や盆栽園があり、春にはツバキやスイセン、夏にはアジサイ、秋にはコスモスなど、四季に合った花を鑑賞できます。

生活スタイル

東京都昭島市は新宿まで電車で40分以内に行けるなど、鉄道網での都内主要地域へのアクセスが優れているため、労働者の約15パーセントが都内へ通勤しています。都内以外でも、10パーセント以上が立川市に通勤しており、市外に通う通学者も多く、ベッドタウン化が顕著です。市内でのショッピングも、駅前などの市街地よりも郊外の主要道路沿いの商業施設で買い物することが多く、商業施設だけでなく娯楽施設も国道沿いに集中しています。昭島市が居住地に選ばれているのは生活コストが安いことが理由です。都心へ近くアクセスが容易なために交通費が安く済むことも、昭島市が居住地に選ばれる大きな要因です。また、地下水が豊富で、水道水を100パーセント地下水で賄っているため、水道料金が日本トップクラスの安さです。