JR青梅線のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

JR青梅線の物件一覧

JR青梅線の物件6物件386部屋が公開中!

JR青梅線は東京23区外の東京都内西側を走る在来線です。


JR青梅線の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥42,388

アパートメント

平均 ¥80,429

JR青梅線の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

沿線概要

23区以外で主要駅として考えられている立川駅から奥多摩駅の間を結んでいて、合計駅数は25駅となります。多摩方面へのアクセスに利用されることが多く、例えば都心部から中央線で立川駅まで行き、そこから青梅線を利用する人も見られます。またそれ以外の地域からも多摩地域の観光目的で訪れる人も少なくありません。臨時列車が運行されることも多いことで知られています。路線の総距離は37.2kmで、東京都を走る路線にしては珍しく車窓からはのどかな風景が見られます。都心部などへの通勤や通学に利用されるほか、旅行目的で利用されることも多く、他の路線とは一線を画した存在です。沿線エリアの賃貸物件の家賃は比較的安価に設定されていることが多く、特にファミリー世帯には重宝されています。

見どころ

青梅線が走る各駅にはたくさんの観光スポットや見どころが存在しており、周辺居住者はもちろんのこと、それ以外のエリアから訪れる人たちからも支持されています。青梅市にある御岳駅は「御岳山」の最寄り駅として利用されており、登山客で賑わいを見せています。美しい山が見られるだけでなく「御岳渓谷」や複数の美術館も大きな自慢です。昭島駅近くの「昭和の森テニスセンター」、「昭和の森ゴルフコース」では思う存分スポーツを楽しめ、「日枝神社」も見どころとして知られています。そして鳩ノ巣駅の周辺には雄大な「白丸ダム」や「鳩ノ巣渓谷」があります。終着駅でもある奥多摩駅は、近くに「多摩川」や「日原川」が流れていて、キャンプ場や温泉施設、「奥氷川神社」があるため日常の喧騒を忘れるために23区内から訪れる人も見られます。落ち着いた環境の中で暮らしたいと考えるファミリー世帯があえてこのエリアを希望する例も少なくありません。青梅線沿線には日頃の暮らしを支えてくれるショッピング施設なども豊富に存在していますが、それ以上に東京が誇る自然を感じられるスポットが多いことが魅力です。

生活スタイル

首都圏で暮らす場合、時間に追われて忙しく毎日を過ごすというイメージがありますが、青梅線の沿線エリアは少し違った雰囲気が漂います。新宿駅や東京駅付近を中心に働くビジネスマンであっても、自宅に帰ればゆったりと過ごすことができる環境こそが青梅線の大きな特徴です。少し電車に乗れば都市部に出向けるので、自分好みの生活スタイルを実現することが可能です。またこの周辺は賃貸物件の競争率も激しくないため、理想の物件探しが比較的容易に出来るでしょう。自然や歴史ある建物も数多く残存しているため、子どもの教育のためにも非常に良い環境といえます。自動車と電車を併用する形での生活スタイルを選ぶ方が多いですが、うまく使い分けることによりあらゆる場所に行きやすくなります。平日は通勤や通学で都市部に出向き、休みの日は家族全員でキャンプや温泉、ハイキングが気軽にできるので、家族水入らずの時間が作りやすいと評判です。