西早稲田駅のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

西早稲田駅の物件一覧

西早稲田駅の物件1物件1部屋が公開中!

西早稲田駅は東京メトロ副都心線が乗り入れる駅で、新宿三丁目や渋谷方面の列車は通勤の時間帯にはかなり混雑します。周辺には、玄国寺や穴八幡宮などが立地しております。
オークハウスのアパートメントの賃料相場は、110,000円と同じく東京メトロ副都心線の平均賃料と比較して安く、スーパーや商店街もあるため買い物に関する利便性は優れています。また周辺に大規模公園も複数あり、のんびりと過ごせそうです。


西早稲田の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥0

アパートメント

平均 ¥110,000

西早稲田の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

西早稲田駅は東京都新宿区にある、東京メトロ副都心線の駅です。2008年に新しく誕生した副都心線の駅なので比較的新しい駅として知られ、駅の誕生後周辺は以前にも増して急速に発展を遂げています。完成して約10年程度なので外観も内装もまだ美しく、大きな改修工事などは行われていません。1面2線のホーム形態を採用しており、ホームと改札階はエレベーター、エスカレーター、階段で結ばれています。訪問は地下3階に、改札は地下1階にあり、改札階と地上もエレベーター、エスカレーター、階段で結ばれています。1番線は副都心線の新宿三丁目・渋谷方面行きで、2番線が池袋・和光市方面行きとなります。 1日あたりの乗降客数は毎年右肩上がりで増加していて、2017年は3万8,739人でした。ただこの数字は東京メトロ全体で見ると130駅中98位の実績です。

見どころ

西早稲田駅の近くには、玄国寺や穴八幡宮などがあり、大都会の中で束の間の癒しを感じられるはずです。玄国寺は関ヶ原の戦いが起こった翌年の1601年に創建されたと伝えられており、まさに江戸(東京)の進化と共に歩んできたといっても過言ではありません。盛源法印によって中興されています。宗派は真言宗豊山派、山号は龍池山、院号は上珠院の寺院であり、豊島八十八ヶ所霊場の中のひとつにも数えられています。見どころは本堂や山門に加えて、鐘楼、六角弁天堂などです。西早稲田駅から5分程の距離なので歩いて訪れやすく、のんびりと過ごせます。穴八幡宮は以前高田八幡宮という名称だった神社で、蟲封じや商売繁盛などの御利益があると言われています。主祭神は応神天皇・仲哀天皇・神功皇后であり、創建されたのは1062年になります。布袋像の水鉢が新宿区指定有形文化財(工芸品)になっており、高田馬場流鏑馬が新宿区指定無形民俗文化財に指定されています。穴八幡宮がある部分は前方後円墳で、非常に珍しい立地条件の場所にある神社です。 西早稲田駅の周りには、これらのお寺や神社以外にも、公園や博物館などもあります。

生活スタイル

西早稲田駅の近くには複数のスーパーがあり、毎日の買い物で不自由することはありません。24時間営業のスーパーがあるため日々忙しく過ごしている人にもおすすめです。学生が多い地域でもあるのでコンビニや飲食店も数多く見られ、低予算で食べることができるお店も豊富です。学生街でもありますが、比較的静かな住宅街も広がっていって、自然溢れる公園などもしっかりと整備がなされています。特に戸山公園をはじめとした大規模自然施設は、ファミリー世帯の人たちにとっても愛されています。新宿駅や池袋駅には乗り換えなく数分でアクセスでき、渋谷駅は10分程度でたどり着けます。東京駅や上野駅などにも20分台でアクセスできるというのはとても喜ばしいポイントです。一般的なお店のみならず商店街も近くにあるため、個人商店を利用したショッピングもはかどります。