大森町駅のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

大森町駅の物件一覧

大森町駅の物件1物件39部屋が公開中!

大森町駅は、京浜急行電鉄の本線が乗り入れる駅で、朝の時間帯は利用者も多いですが、普通列車しか停車しない駅なので、それほど混雑はしません。周辺には、大森ふるさとの浜辺公園、大森諏訪神社などが立地しています。オークハウスのアパートの賃料相場は、80,000円と同じ沿線のアパートの平均賃料と比較して安く、品川駅にも横浜駅にも乗り換えなくアクセスしやすいです。治安面も良好なので、ファミリー世帯にも一人暮らし世帯にもおすすめです。


大森町の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥0

アパートメント

平均 ¥80,026

大森町の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

大森町駅は東京都大田区にあり、京浜急行電鉄の本線が走る駅です。1901年に開業していますが、当時の名称は「山谷駅」であり一般的な線路上の駅ではなく道路に設置されている停留場でした。その後1906年に線路上の駅となり、詳細な時期はわかっていませんが大森山谷駅に名称変更されています。一度1949年に駅自体が廃止されていましたが、必要性が叫ばれ1952年に現在の駅名で再開業しています。その後30年程大きな工事はありませんでしたが、1982年にホームの延伸、2年後には駅舎の大幅改築工事を行い、2001年に高架化工事を開始し、その11年後に完了しています。ホーム形態は2面2線を採用しており、1番線が京急本線の下り方面行き、2番線が上り方面行きです。1日あたりの乗降客数は約2万1,000人ほどで、毎年増加し続けています。改札階とそれぞれのホームは階段とエレベーター、エスカレーターで結ばれていて、一般トイレの他に多機能トイレやベビーシートも用意されています。

見どころ

大森町駅の近くには大森ふるさとの浜辺公園、大森諏訪神社などがあります。大森ふるさとの浜辺公園は大田区が管理している海浜公園であり、2007年に開園しています。人工的な干潟や砂浜、釣磯場、自然広場や船着場、レストハウスなどがあり、さらにフットサル場やビーチバレーコートといったスポーツ設備も豊富です。立地を活かした娯楽が可能で、特に浜辺エリアは老若男女すべての人たちに人気があります。全長30メートルのローラーすべり台は子供にも人気ですし、砂浜に親しめる点もメリットでしょう。 大森諏訪神社は駅から400mほどの場所にあり、御祭神は建御名方神です。詳細な創建年代は不明(江戸時代初期説や1100年代説など様々あり)ですが、境内環境をみると長い歴史があることに気づきます。拝観料は無料で時間制限もないため訪れやすく、駅からも約10分ほどでアクセスできます。10月4日は大森諏訪神社の例大祭ですから近隣住民をはじめとした人たちが多数来訪します。

生活スタイル

大森町駅の周辺は基本的に治安が良く、ファミリー世帯、一人暮らし世帯共に人気があります。各駅停車のみの停車ですが品川駅や横浜駅まで乗り換えなく、10分台でアクセスできます。徒歩圏内にたくさんのスーパーがあり、ドラッグストアや100円ショップも備わっているので、毎日のショッピングでは不自由しません。駅の周りには大森山谷公園、大森西交通公園をはじめとする公園があり、子どもも遊ばせられます。飲食店や弁当店も豊富で、さらに商店街も近くにあるため住み心地の良さも期待できます。新幹線と飛行機の利用時にも品川駅や羽田空港へアクセスしやすいため、便利です。駅の東側には大森警察署が立地していて安心感が持て、若い女性の一人暮らしスポットとしても向いているでしょう。自然溢れる場所や寺社仏閣も様々見られ、癒しスポットで困る心配もありません。