つつじケ丘駅のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

つつじケ丘駅の物件一覧

つつじケ丘駅の物件3物件95部屋が公開中!

つつじヶ丘駅は、京王電鉄京王線が乗り入れる駅で、通勤客や学生が乗車する時間帯はかなり混雑しています。周辺には、武者小路実篤記念館、マヨテラスが立地しています。オークハウスのシェアハウスの賃料の相場は、約55,000円とオークハウスの同じ地域のシェアハウスの平均賃料と比較して少し高いですが、治安は基本的に良好であり安心して暮らしやすいです。また、急行列車が停車するので新宿駅にも20分台で行くことができるためとても便利です。


つつじケ丘の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥56,642

アパートメント

平均 ¥0

つつじケ丘の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

つつじヶ丘駅は東京都調布市にあり、京王線が走る駅です。1913年に開業していますが当時の駅名は「金子駅」で、今つつじヶ丘駅がある場所とは別の場所に位置していました。1927年に今ある場所に移転がなされ、現在の駅名に変更されたのは1957年のことです。それと同じくして2面4線のホーム化がなされ、2004年には南口部分に新設の道路が設置されたため大幅に利便性が増しました。2011年に駅舎が橋上化されて駅の内部にある各種設備がバリアフリー対応しました。改札階と各ホームを結ぶエスカレーターとエレベーターが2つずつ、改札階と北口、南口を結ぶエスカレーターとエレベーターが2つずつ設置されています。各駅停車と区間急行、快速、急行列車が停車し、1日あたりの乗降客数は4万5,000人程度で、のりばは1番線から4番線まであります。1、2番線が下り方面行きで、3、4番線が上り方面行き(稀に1番線が使用されることもある)となります。

見どころ

つつじヶ丘駅の周辺には「武者小路実篤記念館」、「マヨテラス」などがあります。「武者小路実篤記念館」はつつじヶ丘駅から徒歩10分の距離にあります。武者小路実篤は70歳のときに調布市の仙川に移り住みその後亡くなるまで住み続けたため調布市との縁も深く、この記念館も調布市が管理などしています。展示会や講座や講演の開催に加え、旧実篤邸公開やボランティアガイド、実篤に挑戦などのイベントも用意されています。ミュージアムショップでは貴重な画集カレンダーや色紙、絵葉書などが販売されている点も特徴です。マヨネーズで有名なキューピーが運営している「マヨテラス」は駅から700mほどのところにあり、マヨネーズに関する施設が多数設けられています。大規模なマヨドームはマヨネーズの容器の形状をしており美味しさの秘密などを知ることができます。サラダホールでは記念撮影などができ、ファクトリーウォークでは実際にマヨネーズを製造しているところを見学できます。特に工場見学はおすすめで、大人も子どもも見入ること間違いありません。

生活スタイル

つつじヶ丘駅は急行列車もとまり、都心部へのアクセスも比較的容易です。急行であれば乗り換えることなく20分程度で新宿まで行くことが可能です。駅周辺にはオオゼキ、京王ストアがあるため食料品の購入で不自由することはなさそうです。北口を中心に複数のドラッグストアがあり、駅から東方面に少し歩けば100円ショップも利用できます。大型のショッピング施設こそないものの生活必需品を買い揃えられるお店は充実しています。気になる治安状態も良好で、子育て中のファミリー世帯や女性の一人暮らしなどにも向いています。ファストフード店をはじめとした飲食店が数多くあるので、自炊する時間がない人にもおすすめです。基本的に新宿を中心としたエリアで働く人たちのベッドタウンとして活用されており、休日には新宿駅や調布駅周辺に出向く人も多くみられます。適度に都会であるにもかかわらず、駅から少し離れると閑静な住宅街が広がるエリアもあるので、住居場所選びさえ間違えなければゆったりと生活できそうです。