読売ランド前駅のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

読売ランド前駅の物件一覧

読売ランド前駅の物件1物件15部屋が公開中!

読売ランド前駅は、小田急電鉄小田原線が乗り入れる駅で、基本的に通勤時間帯はかなり混雑しますが、各駅停車であれば多少スペースに余裕があります。周辺には、よみうりランドや読売ジャイアンツ球場が立地しています。シェアハウスの賃料の相場は、約50,000円とオークハウスの同地域のシェアハウスの平均賃料とほぼ同じです。様々な施設が周囲にあり子育てしやすい環境です。また、駅の周りは住宅街なので特に夜は静かなので、落ち着いた暮らしが実現できます。


読売ランド前の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥48,615

アパートメント

平均 ¥69,000

読売ランド前の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

読売ランド前駅は川崎市多摩区に位置し、小田急小田原線が走る駅です。駅舎は地上に設けられており、1番ホームは下り列車が停車し、2番ホームは新宿などに向かう上り列車が停車します。もともとは1927年に「西生田駅」という名称で開業しましたが、1964年によみうりランドが誕生したため現在の駅名に変更されました。これにより近隣に住む人以外にもわかりやすくなり、よみうりランドの利用客目線に立った配慮だといえます。現在使用されている駅舎は1995年に作られました。停車する電車は準急と通勤準急、各駅停車となります。1日あたりの乗降客数は3万5,000人程度で、他の駅とは違い休日の乗降客数も多い傾向にあります。エレベーターやエスカレーターを完備しており、車椅子やオストメイトにも対応している個室トイレを完備していて、バリアフリーにも注意を払っています。駅の規模は大きくないものの、よみうりランドの最寄駅ということで存在感を放っています。

見どころ

読売ランド前駅の周辺にある見どころスポットといえば、駅から約1kmのところにある「よみうりランド」が圧倒的に有名です。入園料金と乗り放題の権利が付加されたワンデーパスを利用することもできますし、入園料のみを支払いアトラクションごとに利用料金を払って遊ぶことも可能です。小さな子どもにもおすすめの大観覧車やメリーゴーランドドッグもあり、バンジージャンプや各種ジェットコースター、お化け屋敷なども人気を集めています。一般的な遊園地とは一線を画したアシカショーでは、10名の定員が設けられていますがアシカとのふれあい体験もできます。また駅からは10分程のところには、「読売ジャイアンツ球場」があります。ここではイースタン・リーグ公式戦が開催されており、本格的なプロの野球を間近で見られます。またプロアマ交流戦や練習を公開しているケースもあるため、野球好きな子どもや大人も思う存分満喫できそうです。

生活スタイル

読売ランド前駅の近くは遊園地や球場があるイメージですが、これらは駅から少し離れていて、基本的には住宅街が広がっています。夜になると特に静かなエリアなので、騒がしいところが苦手な人にもおすすめです。駅の北西部には規模の大きな緑地が存在しており、その他の場所にもところどころに自然が残っています。「よみうりランド」や「読売ジャイアンツ球場」が近くにあるので、子育て世帯にも向いている場所だといえます。駅近くにあるスーパーの数は多くはないものの、駅すぐ横にあるオダキューOX読売ランド店を利用することで、毎日の食料品の買い物では苦労しません。また駅間近に100円ショップやドラッグストアがある点も利便性の向上に一役買っています。2駅隣の新百合ヶ丘駅まで行けばより大きなショッピング施設を利用できますし、小田急多摩線への乗り換えも可能です。東京都心部のベッドタウンとしても人気のエリアで、途中で急行などに乗り換えることにより20分台で新宿まで行くことができます。