0

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

タイトル

テキスト

ボタン

注釈

ソーシャルレジデンス花小金井

インタビュー:Raphaelさん(ソーシャルレジデンス花小金井に在住)

住人インタビュー|ソーシャルレジデンス花小金井

第7回目のワーキングホリデーインタビューです!

11年前に日本の文化の良さを感じ、いま日本でもっと住みたいラファエルさんに伺いに行きました。生活経験豊富な彼が、日本ってどんなところを好きでたまらないのですか?せっかくお話機会ができたので、全部教えていただきましょう!

自己紹介お願いします
ラファエルです。フランスからきました。今年30歳です。日本には6ヶ月前にきました。このシェアハウスに入ったのも同じくらいの期間です。

このハウスどうやって見つけたのですか?
1週間ぐらいにカプセルホテルに滞在したんですが、ネットを探してここをすぐ見つかりました。申し込んだら、翌日に入居できました。速くて便利でした。

どうやってオークハウスを見つけたのですか?
「シェアハウス」をググっただけです。もともとシェアハウスに住みたいと思って、シェアハウスの方が安いし人がたくさんいるから独りじゃないということもあったんです。他の会社の物件も見たんですが、オークハウスのサイトではわかりやすい写真が多く載せられているのでハウスや部屋の雰囲気がわかりやすいです。

この物件のページを見たら、安いし便利だしいいなと思って決まりました。スタッフも英語ができるから助かりました。

シェアハウスの良いところと良くないところを教えてください!

いい点が多いですね。日本語がわからない外国人にとっては、日本にくるときは大変かもしれませんが、オークハウスのスタッフは英語も通じるので安心してもらえるかと思います。下見当日も対応が早くて、契約手続きの時間が合わせて1時間ぐらいでした。本当にはやかったです。

オークハウスですと1ヶ月まるごとの支払いで、ガス・水道・ネットなどが入っています。最初は短期間で契約を結んだんですが、このハウスが大好きになって更新しました。契約の手続きも、すべてデジタルになっていて、大切な書類もなくす心配もありません。他のいいところと言えばシェアハウスのいいところは世界のあらゆるの国からの人と出会えることです。ここの物件にの半分の人は日本人で、もう半分はいろんな国の人がいますね。台湾、韓国、アメリカ、ヨーロッパ...。そもそもシェアハウスに住もうと思っている人は、

新しい出会いを期待しています。

だから多くの人と出会えて、みんなが優しくて、フレンドリーで積極的ですね。

このハウスが好きですか?
この物件本当に大好きです。実は、1週間前に退去する予定でしたが、退去をやめて契約を更新しました。それほど大好きです!

ワーキングホリデービザ申請するのが難しかったのですか?

国によって違うと思うんですけどワーキングホリデーのプロセスは以外と簡単です。申請すればビザがとれるぐらいです。質問に答える必要があってどれぐらいお金が貯まっているかとか。他は旅や仕事に関する質問です。旅行する意思を見せなきゃいけないしそして仕事ばっかりするのではないということもアピールします。

同時にもちろんある程度日本についてのリサーチをしてきたことも伝えなければならないですね。日本について調べたか?日本での就職について読んできたか?など。日本に興味を持つことと、日本社会に負担をかからないことさえ示せばいいです。僕の場合は、すぐ取れましたね。申請からアプルーバルは15分ぐらい?

面談とかあったんですか?
僕には面談がなかったんですが、他の国ならあるかもしれません。

フランスではすべては書類でやりとりをします。計画を提出し、質問を応え、保険はあるか、履歴書を出し、そして要約の文章も描きますね。どうして日本に行きたいかと。

書類を全部集めるのがどのくらいかかりましたか?
徹底的に準備しとけば1ヶ月ぐらい書類が集めると思います。貯金に関しては、銀行に行って頼めば必要な書類を出してくれるはずです。シンプル!

具体的の数字覚えていないんですが、もし足りなかったら、もっと貯めるように指示される、またはすでに帰りのフライトチケットを購入しているかを聞くんです。ただ、無事に帰国できるかのチェックです。

日本大使館のサイトをみれば説明がきちんと載せています。チェックリストを従えれば問題ないです。今まで却下された人、聞いたことないと思います。

日本は初めてですか?

実は11年前に1年半ぐらい日本に留学していました。そのときはとても楽しかったです。他にも5回ぐらい旅行に日本に来ました。だから僕にとってはワーキングホリデーが目的というよりも日本に戻りたかったんです。なので、ワーキングホリデーなら、日本に来て、旅して、そしてちょっと稼げます。文化も好きだし、食べ物も好きだし。

一番好きな和食はどれですか?
一番好きな和食がなかなか決まらない、全部美味しいから!僕、食べ物が大好きです。強いて上げるとしたら広島焼きがいいですね。お好み焼きと焼きそばが合わさった感じで、美味しいです。

日本国内だとどこへ旅行に行きましたか?
大阪は2回行って京都はもう15回ですかね、数えられないほどですね。陳腐に聞こえてしまうかもしれないんだけど、京都は昔の日本のそのまま感がいいですね。嵐山の竹林の匂いは今でも忘れられないです。

いま何の仕事をしていますか?

ワーキングホリデーでできる仕事は限られてしまっていますが、いろんな機会があるなかで大体ワーキングホリデーで来ている人は観光関係の仕事やレストランの仕事をしますね。現在、1週間に2回、夜に日本料理のレストランで働いて、フリーランスとしてフランス語の会話も教えています。

これはこれから日本にくる人に重要なヒントになると思いますよ。自分の言語を使って会話などを教える仕事は割と早く見つかると思います。喫茶店で喋ったり大学の学生センターとかに行って人と話すだけで稼げます!

僕が教えている学生はいろんな人がいますね。大学生だったり、もう引退している方もいたり、フランスやフランス語そのものに興味を持っている人もいたりしています。

日本でどんな生活を過ごしていますか?
日本の生活は楽です。フランスで日本に対している持っている偏見ではみんなが忙しい忙しいように思うんですが、多分僕もそんな忙しい人になっているかもしれません。通勤だけで時間がかかりますね、一日に数時間。

毎朝日本語の授業に行って、終わったら仕事に向かって、そしてフランス語レッスンの準備もしないといけないので、それで時間がかかります。

僕の趣味は写真を撮ることなので、それも時間かかります。いいスポットまで行って、歩いて回ったり、撮ったりして、そしてパソコンで編集作業も時間がかかります。

何のカメラを使ってますか?
キャノンの7DというDSLRのカメラと、レンズを3つ持っています。なかなかいいカメラだと思いますが、カメラマンのほうの質はちょっと。。。(笑)

日本で写真を撮ることのほうがいいですね、インスピレーションが取りやすいからです。フランスですともうすべては馴染んでいるから。日本では、すべてが新しくて、予想できない出会いもあるからです。

これからの計画は?
これからの計画は、まだ曖昧ですがこれからちゃんとした仕事の面接があります。

それはもうワーキングホリデーと関係ないんです。その仕事は僕の前から持っているキャリアに関連することなので、もし採用されたら日本に長期的に住むことになるので、とてもとても楽しみにしています。

あいりんの一言
とても明るくて、素晴らしい方でした!これから日本での活躍の姿を期待しています!