京浜急行空港線のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

京浜急行空港線の物件一覧

京浜急行空港線の物件5物件294部屋が公開中!

京浜急行空港線は、東京都大田区の京急蒲田駅と羽田空港国内線ターミナル駅を結ぶ路線です。


京浜急行空港線の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥64,551

アパートメント

平均 ¥124,333

京浜急行空港線の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

駅数は全7駅、路線距離は6.5キロととても短い路線ですが、ほとんどの列車が京急本線の品川方面・横浜方面への直通列車になっているので、都心にも川崎や横浜方面にもアクセスしやすいのが特徴です。また、終点が東京の空の玄関口である羽田空港なので、国内海外を問わず、旅行や出張に出かける人がとても多く利用しています。特に、羽田空港から品川までノンストップのエアポート快特は、羽田空港国際腺ターミナル駅から品川まで11分、羽田空港国内線ターミナル駅から品川までの所要時間が14分と短く、品川はもちろん、直通運転をしている都営地下鉄浅草線や、その他の路線の沿線に住んでいる人の空港への足として重要な役割を担っています。

見どころ

京浜急行空港線のみどころはやはり羽田空港でしょう。昔は空港といえば旅行や出張に出かける際の通過点で、それ以外の目的で訪れることはまず無いような場所でした。しかし、最近では遊びに行くことが出来る場所という性格も兼ね備えており、様々な楽しみ方が出来るようになっています。最も空港らしい楽しみ方といえば、やはり飛び立っていく飛行機や着陸する飛行機を一望することが出来る展望デッキではないでしょうか。羽田空港は都心からの距離が近いため、東京タワーやスカイツリーも見ることが出来ます。また、天気が良い日は富士山まで見えることもあるそうです。ターミナルによって見える景色も違いますので、ぜひお好みの展望デッキを探して見てくださいね。その他にも、国際線ターミナルは外国人客にも大人気で「和」と「江戸」をテーマにしたお食事やお土産ショップ巡りを楽しめる「江戸小路」、第2ターミナルには、8カ国の料理がフードコート形式で楽しめる「アッパーデッキトーキョー」や日本初の空港内美術館「ディスカッションミュージアム」、第1ターミナルには「落ちない」ことで受験生からも人気のある「羽田空港神社」や、こども心に帰る事ができる玩具店「童心 Juveniland TOKYO」などがあり、大人からこどもまで、1日を通して楽しむことが出来るようになっています。

生活スタイル

京浜急行空港線は主要路線である京急本線からの支線ということもあり、周辺の家賃相場はそれほど高くありません。居住地として利用されるエリアは京急蒲田、糀谷、大鳥居、穴守稲荷の4駅で、そこから先の3駅はほとんど空港の敷地内です。京浜急行空港線は幹線道路である環八通りとほぼ平行して走っており、駅周辺には様々な商店が立ち並んでいます。その為、生活必需品などを揃えることに苦労することはありません。また、京急蒲田から穴守稲荷の各駅は駅周辺に商店街もあって、それぞれが地元の住人に愛されています。空港関係者がこのエリアに多いのは、単純に立地的な事情だけではなく、その住み心地の良さによるものではないでしょうか。