大鳥居駅のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

大鳥居駅の物件一覧

大鳥居駅の物件3物件30部屋が公開中!

大鳥居駅は、京浜急行電鉄の空港線が乗り入れる駅で、空港線は他の路線に比べると空いていますがラッシュ時には混みやすくなります。周辺には、羽田神社や萩中公園などが立地しております。シェアハウスの賃料相場は、約51,000円と同じ沿線の平均賃料と比較して安く、さらに羽田空港まで非常に近く、品川駅までも行きやすい点がメリットです。スーパーも比較的多く、24時間営業のお店もあるので買い物では困りません。


大鳥居の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥51,741

アパートメント

平均 ¥124,333

大鳥居の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

大鳥居駅は東京都大田区にあり、京浜急行電鉄の空港線が走る駅です。特徴的な駅の名前ですが、もともと穴守稲荷神社の大鳥居が近くに存在したことが理由です。1902年に開業し、その後一時的な移動や仮駅舎の設置などを経て、1997年にはホームが地下化されています。2010年になるとエアポート急行が停車するようになり、2018年にはリラックマ誕生15周年・京急創立120周年のため約2ヶ月の間駅名が「大キイロイ鳥居駅」に変更されていました。駅の構造はホームが2線分あり、1番線が空港線の下り(羽田空港)方面、2番線が上り方面となります。乗降客数は基本的に長い間増加傾向にあり、1日の乗降人数は約3万人を誇ります。空港線は駅数が少ないですが、京急蒲田駅から羽田空港方面に2駅目で、普通列車、エアポート急行、特急列車が停車します。

見どころ

大鳥居駅の近くには、羽田神社や萩中公園などがあります。羽田神社は航空業界で働く人が頻繁に訪れるといわれる神社で、テレビをはじめとしたメディアでも頻繁に登場しています。飛行機がデザインされたお守りや絵馬は大人気です。御祭神は須佐之男命、稲田姫命であり、長い歴史を誇っています。毎月月次祭が行われ、それ以外にも1月には元旦祭、2月には節分祭、7月には夏季例大祭、12月には除夜祭などが開催されています。飛行機好きや航空関係者のみならず、近隣住民の人たちにとっても特別な神社です。萩中公園は大鳥居駅から約400mのところにあり規模の大きな公園です。桜や梅の花などが植えられていて、様々な季節にそれぞれの美しい木々の姿が見られます。施設内にはプールや野球場なども備わっており、遊具も用意されています。散歩スポットとしての活用や、自転車の練習スポットとしても利用されています。家族揃って訪れて小さな子どもを遊ばせることもでき、付近のファミリー世帯にはもってこいの場所です。

生活スタイル

大鳥居駅がある地域は羽田空港に非常に近く、出張や旅行の際にかなり便利です。また品川駅までも10分台で出向けるため、新幹線を利用したアクセスも行いやすいです。東京駅や川崎駅、横浜駅などにも10分台でたどり着ける点はかなりのメリットでしょう。駅の近くには多数のスーパーが存在し、中には24時間営業のところもあります。忙しい航空関係者などにもおすすめです。ドラッグストアや100円ショップも徒歩圏内にあり、ファーストフードやレストラン、スポーツジムも揃っています。もちろんコンビニも駅前を中心に多数展開しており、日常の買い物では不便しません。気になる治安面も基本的に問題は少なく、生活しやすいと評判です。駅のすぐ南側には規模の大きな萩中公園、多摩川沿いの多摩川大師橋緑地、北東方面には東糀谷防災公園があり、ファミリーにもおすすめのエリアです。やはり羽田空港で働く航空業界の関係者が大鳥居駅の周辺で暮らすことも多いのですが、品川駅や横浜駅などへの交通の便も良いので、それ以外の仕事をしている人にもおすすめです。