西武国分寺線のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

西武国分寺線の物件一覧

西武国分寺線の物件1物件39部屋が公開中!


西武国分寺線の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥44,316

アパートメント

平均 ¥160,000

西武国分寺線の入居者属性グラフ

沿線概要

西武鉄道の国分寺線系統に該当する国分寺線は全部で5駅で構成される路線です。1894年に開業したこの路線は120年を超える歴史を誇っています。総路線距離は7.8kmととても短いのが特徴で、東京都国分寺市と小平市、東村山市を通っています。起点駅でもある国分寺駅、恋ヶ窪駅が国分寺市にあり、鷹の台駅と小川駅は小平市、終点の東村山駅は東村山市に位置しています。西武鉄道の中でもマイナー路線に分類されており、地元密着色が非常に強い点が最大の特徴です。首都圏は基本的に交通の便が非常に優れていますが、国分寺線が通るエリアはそれほど充実しているわけではありません。だからこそこの路線の重要度が非常に高まっていて、一部時間帯に西武新宿線の本川越駅まで直通列車が走り、また西武園線までの直通列車も運行されています。のどかな周囲環境の中で暮らしていくためには最適な場所となっており、西武国分寺線はそこで生活する人たちの日常を支えています。

見どころ

西武国分寺線が走る沿線地域は都内では珍しい自然溢れる場所が広がっており、東京都心部から癒しを求めるために訪れるケースも見られます。都会においては自然そのものが見どころのひとつとして考えられていますし、その他にも思う存分遊ぶことができる施設やアウトドアスポットも多数存在しています。起点駅となっている国分寺駅には史跡として有名な「武蔵国分寺跡」や「お鷹の道・真姿の池湧水群」、「殿ヶ谷戸庭園」など、歴史を実感しやすいスポットが多く存在しています。また鷹の台駅周辺には「玉川上水」があり、小川駅の近くにある「中宿商店街」は地元の人に愛されるスポットとして有名です。終点駅の東村山駅の周辺には「鉄道開通100周年記念碑」や「志村けんの木」があり、また府中街道が走っていることでも知られています。人気コメディアンの志村けん氏の出身地として有名なため、彼のファンが訪れることも多いようです。

生活スタイル

東京都内で暮らす際に不安に感じてしまいがちな問題も、西武国分寺線エリアであればそれほど気になりません。経済的な面ではとても大きなウエイトを占める家賃も落ち着いていますし、日々の生活で欠かせないスーパーやその他の施設も数多く存在しています。ただ単に毎日の暮らしが豊かになるのみならず、都会とは思えないような自然が広がっているため、ゆとり落ち着いた雰囲気の中で生活を送ることが出来ます。新しい住民の流入はそれほど活発ではありませんが、高田馬場や新宿といった東京の都心部にも比較的短い時間でアクセスすることができるため日常生活における利便性は決して低くありません。国分寺駅は西武鉄道の多摩湖線やJR東日本の中央線が通っていて、古川駅は西武鉄道の拝島線、東村山駅は西武鉄道の新宿線や西武園線(両方とも直通列車)が走っているので、都心方面だけではなく、多摩方面へのアクセスにも便利です。