東葉高速鉄道のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

東葉高速鉄道の物件一覧

東葉高速鉄道の物件1物件178部屋が公開中!


東葉高速鉄道の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥37,213

アパートメント

平均 ¥0

東葉高速鉄道の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

沿線概要

東葉高速鉄道は国や地方自治体と民間企業との共同出資の第三セクター鉄道で、JRやその他の私鉄に比べて規模自体は小さめです。しかし東京都心部と千葉県船橋市や八千代市を結ぶ重要度の高い路線です。何よりの特徴は東京メトロ東西線と直通運転を行っている点で、毎日の通勤時には重宝されています。路線自体は全長が16.2kmと短いですが、東京に毎日通う人たちの生命線的な存在です。船橋市の西船橋駅から八千代市の東葉勝田台駅を結び、すべての駅が順調に乗降客数を伸ばしています。乗降客数の伸びと比例する形で沿線エリアの発達が進んでおり、都市型のショップや郊外型ショッピングモールの進出も相次いでいます。路線の起点となっている西船橋駅が他の駅を圧倒的に上回る乗降客数を誇っています。この駅は千葉県西部エリアの中でも抜きん出た重要度を誇ります。東西線を活用することで大手町などの東京都心部への便利なアクセスを確保しつつ、穏やかな住環境を実現できるというメリットを持ち合わせています。その為、住まいとしての人気が沿線全体で高まってきています。

見どころ

東葉高速鉄道は全部で9つの駅で構成されており、路線の距離も16.2kmととてもコンパクトですが、見どころは十分です。まず西船橋駅の周りには新たなグルメスポットが多数登場しており、若い世代の人たちからも支持されています。グルメや遊び目的のみならず、他にも様々な施設がそろっているので利便性の高さは随一です。北習志野駅が最寄りの「ふなばしアンデルセン公園」は、ヨーロッパの街並みや美しい自然を堪能でき、それぞれのゾーンにより複数の楽しみ方が可能です。村上駅と東葉勝田台駅が最寄りの「フルルガーデン八千代」はショッピングにおすすめです。東葉高速鉄道の沿線エリアは都心部と比較して緑が多いエリアのため子育てにもおすすめです。八千代緑が丘駅の近辺には京成バラ園が、そして八千代中央駅エリアでは果物狩りのスポットも点在しています。時には都心部からこのエリアを訪れる人もいるほど魅力的な見どころを有しています。

生活スタイル

東京にはこれまでと同様に日本全国から多くの人たちが集まってきています。それらの人たちが住む場所を求める際に重視するのが、利便性の高さとコスト面の兼ね合いでしょう。それらの問題をうまく解決することができるのが東葉高速鉄道の特徴です。たとえ東京の都心部に通勤や通学をする人であっても、この沿線は東西線に直結しているので様々な恩恵が受けられるでしょう。東京の中心部からそれほど遠くないにも関わらず価格面で優れた賃貸物件も多く、都心部に比べてかなりリーズナブルに生活することが出来ます。近年結婚した若い層の移住も目立ち、元気のあるエリアだといえるでしょう。東葉高速鉄道は都市部の路線とは異なり郊外型の大型ショッピングセンターも多数あり、安定した生活スタイルを確立しやすいエリアになっています。沿線で事足りない際にも直結している東西線や西船橋駅でその他の路線に乗り換えることができるので、暮らしの質を高めやすいのが特徴です。