東葉勝田台駅のシェアハウス、アパート一覧

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

東葉勝田台駅の物件一覧

東葉勝田台駅の物件1物件174部屋が公開中!

東葉勝田台駅は東葉高速線の始発駅で、通勤通学の時間帯は込み合うものの、列車を選べば確実に座ることができます。また、京成本線の勝田台駅とも隣接しているので状況に合わせて路線を選ぶことができます。周辺にはみずき通り商店街や黒沢池市民の森が立地しています。
オークハウスのシェアハウスの賃料の相場は、約35,000円と非常にリーズナブルです。
スーパーやドラッグストアの様なチェーン店だけでなく、古くからやっている飲食店も多くあります。都心まではある程度距離はあるものの、始発駅なので確実に座って乗り換えなしで都内まで出ることが出来る駅なので距離の割には便利な駅と言えます。


東葉勝田台の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥35,195

アパートメント

平均 ¥0

東葉勝田台の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

勝田台駅は、千葉県八千代市勝田台北3丁目にある、東葉高速線の駅です。京成電鉄の勝田台駅と隣接しているため、京成本線も利用することが出来ます。この駅は東葉高速線の始発駅なので、平日ラッシュ時は混み合いますが、列車を見送れば確実に座ることができます。ラッシュ時以外は比較空いており列車を選ばなくてもほぼ確実に座ることができます。西船橋からは東京メトロ東西線に接続しており都心へも乗り換えなしで行くことができます。大手町まで最短45分でアクセスできるので、都心部への通勤通学にも比較的便利です。始発駅で必ず座ることができるメリットがある反面、乗車賃が若干高めです。東葉勝田台駅と西船橋駅間は630円、定期代だと1か月で2万6400円もかかるため交通費が実費の方にとっては若干気になるポイントになると思います。東葉勝田台駅と京成の勝田台駅は地下のコンコースで繋がっています。改札は南北に2つありますが、京成本線の勝田台駅に近く、さらには商店街など店舗が多い南改札が目立っていて利用客が多いです。

見どころ

東葉勝田台駅北側は、かつて印旛沼南端の入江でした。入江周辺の沖塚低地周辺には古墳、製鉄関連遺跡、弥生遺跡も展開する市域の中心部だったと思われる地区で、勝田台駅北口周辺は旧村上村の南部地域と新川寄りの旧下市場村からなっていました。佐倉藩治世下で江戸時代以降の石造物や神社など歴史遺産に恵まれている地域でもあります。勝田台駅南口周辺は旧勝田村集落が新川を望む西側斜面に沿って展開していて、台地上が大規模な住宅団地として開発され、勝田台という地名になりました。旧勝田村集落には、古墳が現存し、文化財の獅子舞が存続するほか、寺社や旧道をたどると多くの石造物が歴史遺産として残されています。

生活スタイル

東葉勝田台駅は勝田台団地と村上団地を中心に街が発展し、住宅街へと広がって行きました。郊外のベッドタウンということもあり、大型のホームセンターやディスカウントショップ、スーパーが生活圏内にあります。それ以外に南口には「みずき通り商店街」があり毎日賑わっていて、スーパーやドラッグストアの様なチェーン店だけでなく、古くからやっている飲食店も多くあるので日常生活で不便することはありません。また駅から出ている無料バスで近隣にあるフルルガーデンまで行くことが出来、ファッション、インテリア、家電などの買い物もすることができます。日常生活に困ることはありませんが、休日のレジャーなどの事を考えると車があった方が便利なエリアです。徒歩圏内にはレジャー施設はほぼありません。逆に車さえあれば、千葉の自然の多い外房エリアや館山エリアまで比較的近く週末気軽に旅行に行けるような立地です。