尼崎センタープール前駅のシェアハウス、アパート一覧

0

メニュー

SOCIAL ACCOUNT

  • facebook
  • twitter
  • instgram
  • google+
  • youtube
plus

タイトル

テキスト

ボタンテキスト

  • ※注釈テキスト

尼崎センタープール前駅の物件一覧

尼崎センタープール前駅の物件1物件71部屋が公開中!

尼崎センタープール前駅は阪神本線が乗り入れる駅で、朝の通勤ラッシュの時間帯には混雑します。周辺には、琴浦神社やアマドゥなどが立地しています。オークハウスのシェアハウスの賃料相場は、約50,000円(2019年8月現在)と兵庫県の平均賃料とほぼ同じです。近くに大型ショッピング施設や温浴施設が複数あり、生活面ではとても便利です。また大阪、神戸の両方面にアクセスしやすい点も魅力です。

尼崎センタープール前の賃料相場

シェアハウス

平均 ¥50,056

アパートメント

平均 ¥0

尼崎センタープール前の入居者属性グラフ

性別

年代別

国籍別

概要

尼崎センタープール前駅は兵庫県尼崎市にあり、阪神本線が走る駅です。もともとは1952年に臨時駅として営業を開始しましたが、その後1963年に常設駅に移行されています。1994年には高架化がなされました。尼崎競艇場の最寄り駅として知られ、コンコースから競艇場までのファンロードも用意されています。基本的に停車する列車の種別は普通列車のみですが、尼崎競艇が開催されている日は快速急行と急行が停車します。1番線から4番線まであり、1番線と2番線が梅田方面行きの上り列車、3番線と4番線が三宮方面の下り列車となり、臨時停車する日のみ無番の臨時ホームが使用されます。1日あたりの乗降客数が競艇開催日か否かで大きな差があるのですが、平均すると2016年の数字が9,475人となっています。地上階とその上階、さらにホームはそれぞれエレベーター、エスカレーターで結ばれているのでバリアフリーにも対応しています。車椅子対応トイレも設けられ、さらに阪神野菜栽培所が隣接している点も大きな特徴です。

見どころ

尼崎センタープール前駅の周辺には、琴浦神社やアマドゥなどがあります。琴浦神社は主祭神が源融公であり、毎年10月13日に例祭日が行われている神社です。主祭神の源融公は、あの『源氏物語』の主人公である光源氏のモデルになったとも言われています。駅から北側に300mほど行くと琴浦神社があり、地元民の憩いの場として親しまれています。境内には毒蛇を寄せ付けないという言い伝えのある白砂があり、これを戴きに遠方から参拝に訪れる人もいるそうです。アマドゥは大型ショッピングモールで、1階と2階で構成されています。大きく分けてショッピングゾーンとグルメゾーン、スポーツ&プレイゾーンに分けられます。また建物はオートバックス棟、コーナン棟、アクトス棟に分かれています。スーパーマーケットやホームセンター、カー用品店、スポーツショップ、スポーツクラブ、宝くじ売り場などが入居し、ショッピングの他にも楽しめるでしょう。駐車場は1,500台分が用意されているため、車による来店もしやすくなっています。

生活スタイル

尼崎センタープール前駅近くにはスーパーや100円ショップ、ドラッグストア、ホームセンターなどがあるので日常生活で必要なものを購入しやすい環境が整っています。飲食店も多いため、一人暮らしの人たちも安心です。駅から徒歩圏内には複数の病院や温浴施設があり、安心感や癒しを得られるでしょう。近隣の川は心を和ませてくれ、春になると美しい桜が咲き乱れます。大阪の中心地・梅田までは10分台でアクセスでき、神戸三宮駅までも20分台でアクセス可能です。大阪方面にも神戸方面にも行きやすく、通勤や通学、週末のお出かけにも便利です。